イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

点と点がつながる

DSC_0617.jpg

この広い世界

どうやったらこんな出会いが実現するんだろう?
ということが起こりました。

大阪府内なら、もしかして、もしかするとあり得る。
興味、関心の似ている人ならね。



でも、イタリアと日本。

どうして...?
嬉しすぎて、友人と二人、しばらく感動し続けていました。



4月の末に、通訳の機会を頂いたと書きましたが、
いつもお世話になっている、よつ葉さん→関西よつ葉連絡会が輸入されている
イタリアワインの生産者さんが来日されていました。

私が同行させてもらった日は、またぜひ詳しく書きたいと思っていますが
宮津の、老舗の醸造所でのお酢作りを見学されたのです。

1日ご一緒させてもらい、ボローニャ近郊の有機栽培のワイナリーであること、
レストラン、宿も経営されていること・・・沢山のお話をさせてもらいました。


とてもオープンなご夫婦で、あらゆることに感動される、本当に素敵な方々なので、
ボローニャの、私の親友にもぜひ会ってもらいたいなと思っていたのです。
何よりもまず足元に住んでいるし!レストランなら、すぐに行けますしね。
出会わない理由がないわ、と思ってました。


ボローニャの親友、去年の夏にも会いに行った、アリーチェです。
おばあちゃんに、手打ちパスタを教えてもらった
手打ちパスタのストロッツアプレーティ

(カテゴリーがリミニで載っていますが、元々彼女はボローニャなの。
職場もボローニャ、リミニは海がきれいな近郊の町です)


ちなみに、→チャレンジ
私が、意識して「がんばって」という言葉はできるだけ使わないようにしている、という理由
これも、アリーチェ来日の際に一緒に体験したエピソードなのです。
彼女との出会いは、実はイタリアではなく日本で、研究のために来られていた折に
私が通訳させてもらったのです。



感性が、響き合う人。何より楽しい。
最初のミツバチの写真も、私は大阪でレンゲにとまるミツバチを撮ってた。
ほとんど同じ日に、アリーチェは地球の裏側で同じく、お花にとまるミツバチを撮って
インスタにあげてた。
「アリーチェ・・・なんで、同じ写真撮ってんの!?」 「これ私の。」と送った・・・笑



そんなアリーチェ

今回お会いしたご夫婦のワイナリーの、facebookページを見たいなと開けたら、
なんとそこにいたのはアリーチェ!!!(友達がいいね!しているとすぐに出てくるので)

彼女は既にいいね!していて、チェックインまでしてた。
もう。びっくりするし、感動するし・・・
 


「アリーチェ・・・もしかしてコルテダイボさん(というワイナリーです)知ってるの?」

「よく知ってるよ、私の友達が働いてる!!」

「うっそ!!!!!!!なんで?この前来日されてて、私京都で通訳させてもらってん!!!」

「え~~~~~~~~~~~~~~~~なんっっっっっって世界狭いの!!!??」

と、二人で感動しまくり。
しばらく興奮してました。

絶対に会ってほしいと思った人が、もう既に知り合いって、奇跡。

イタリアから日本に来られて、よく私と巡り会って下さいました。



どうして、この点と点が、つながるかな?


出会ってほしいと思っても、なかなかイタリアと日本の二国間では、本来難しいと思います。

本当につながっている人とは、何も心配しなくていいのね。
無理せずとも、絶対につながるし、共感しあえる。


それもこれも、私よつ葉さんにはお世話になりすぎくらい、お世話になっています。
今回も、素敵な出会いをどうもありがとうございます


DSC_0622.jpg

レンゲ畑
私が自然児なのは、奈良育ちだから。
久々にこんなレンゲ畑をみました。
子どもの頃を思い出して、懐かしかったな。


関連記事
スポンサーサイト

 Interprete イタリア語通訳

0 Comments

Leave a comment