イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

パスクアレッスンご報告

P1430325.jpg

4月の皆さんの興味はやっぱり「いちご」

この時期だけのお楽しみ、いちごのリゾット!でしたね

P1430645.jpg

どんな味のハーモニーなんだろう?と興味津々

皆さん、意外と「甘くない」ことに驚かれていました。
そう、野菜的に使い、ブロード、塩、胡椒&パルミジャーノと合わせるので、甘くない。

組み合わせの妙!

P1430409.jpg

パスクア(イースター)のシンボル、卵の前菜
春の芽吹きを閉じ込めています。
春巻きの皮が人気。揚げずに使いやすい、パーティーにぜひ。

P1430341.jpg

定番、レッスン後、もう何度か作りましたとおっしゃって下さる方も。
お弁当にももちろん。ご飯にも合います。

P1430339.jpg

これはおまけで、イタリアの友人のお土産
トスカーナのペコリーノ!

P1430312.jpg

ちょうど、ソラマメのサラダを作っていたので、ペコリーノとは相性抜群、
ぴったりでした。
アスパラとお豆で春のサラダ


ドルチェは前ページにアップしたノディーニ


皆さん、いちごリゾットも楽しんで下さって良かったです



ご自身の味の体験として、試す前から頭で考えて拒絶してしまわずに、
頭も心もオープンに、ぜひ味わってみて下さい。
好きか嫌いかは、その後で判断しても遅くない。

人生の楽しみが、増えると思います!




春のイタリア人の日本ツアーでお会いした中に80歳近い奥様がいらっしゃいました。
最近亡くなられたご主人はEU関係のお仕事をされていたとか。
息子さんもカナダでお仕事という国際派。
何とも笑顔が素敵で、優しく、朗らかな方。私は一瞬で好きになってしまいました。

ガイドは私世代だから、大阪の「たこ焼き」
食べよう~、と道頓堀で、立ち食いです。
それでも、「おいしい」と。
汁のある麺というのはイタリアに存在しないので、うどんやラーメンは
本来、食べにくいもの。しかもお箸でなんて超難関。
それも、「おいしい」って。
Far east でも、何でもおいしいと食べられていました。


そしてやはり、そういうポジティブな心は・・というよりも、「生き方」だな・・は、顔に出ている。
私も、あんな風になりたいなというお手本です。
お知り合いになれて、本当によかった。



4月の教室にお越し下さった皆様、どうもありがとうございました

関連記事
スポンサーサイト

 Lezioni 教室はこんなところ

0 Comments

Leave a comment