イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

7月・8月は夏野菜・夏野菜・夏野菜!

今年の夏のお料理のイメージは・・・
「コロコロと、角切りにした夏野菜がたっぷり!」
そしてそのお野菜を「使いまわしてみる」ことのできる真夏に嬉しいメニューです。


暑い夏を涼しく過ごすための自然の摂理、体を冷やしてくれる
夏野菜をふんだんに使って、暑い日でも楽々、加熱しないソースのパスタ、
ひんやりドルチェなど、真夏にぴったりな魚介メニューをお届けします。


・コロコロ夏野菜とエビのグラスサラダ
・真夏のペンネ ツナとケッパーのソース
・アジのソテー 
・コロコロ夏野菜のソース ホワイトバルサミコの香り
・万能 パプリカのピリ辛ソース
・バナナとヨーグルト キリのクリームチーズのひんやりトルタ

&パン、イタリアワイン(公共交通機関でお越しの方)、食後のエスプレッソ


・コロコロ夏野菜とエビのグラスサラダ

P1440115.jpg

「コロコロお野菜」の第一弾はこちらに。
かつ「野菜の使いまわし術その1」でもあります。
同じお野菜の食べ方を変えて使いまわしてみようという技も兼ね備えています。

ズッキーニ、玉ねぎ、きゅうりなどを組み合わせて
葉物野菜と、エビ、プチトマトを彩りよく重ねていきます。
グラスに盛り付けて涼しげにね。


・真夏のペンネ ツナとケッパーのソース

P1430981.jpg

真夏には、過熱しないソースで頂くお手軽パスタ!
ツナとケッパー、トマトにモッツアレッラ&バジルなどを合わせます。

イタリアでは一般的に「冷製」を食べることはないので、
茹でたてパスタをソースにからめ、tiepida常温で頂きます。
ペンネはゆで過ぎになりにくいため、お好みで冷やしても頂けます。
少し多めに作って、このパスタが冷蔵庫で冷えていると
ちょっと一品という時にサラダ感覚でも食べられます、楽ちんで嬉しいですね!


・アジのソテー&コロコロ夏野菜のソース ホワイトバルサミコの香り

P1440070.jpg

コロコロ夏野菜の第二弾はこちら、お魚のソースに。
こちらが、「野菜の使いまわし術その2」
過熱タイプのコロコロソースなので、ズッキーニ、ナスにパプリカ、トマト
夏野菜をた~~っぷり。夏の常備菜にも最適です。

お魚は、旬のアジ(入荷の状況により変わる可能性があります)のソテーを。
最高においしいのが、ここにホワイトバルサミコをさっとかけて仕上げます。
真夏にさっぱりとおいしく、食欲そそりますね!


・万能 パプリカのピリ辛ソース

P1440064.jpg

イタリアでは、パプリカでもジャムを作るんです。
と言っても、甘いジャムではなく、唐辛子をきかせて。
そのイメージでパプリカをとろりと煮込みます。
イタリアでは、ガスの直火またはオーブンで長時間焼くという方法が取られますが、
なんせ日本の夏は暑いので、そうでない方法を考えました。

今回のパスタにも、メインのお魚にも合い、パンにのせても
そして、チーズに合わせてもおいしいんですよ。
かつ、「野菜の使いまわし術その3」同じ野菜を、食べ方を変えて楽しむのも生きる術。


・バナナとヨーグルトのひんやりトルタ

P1440078.jpg

今年の夏は、バナナの気分です。
グラハムクッキーの土台に、バナナを敷き詰め、ヨーグルトとキリのクリームチーズの生地
そして冷やし固めます。暑い日に嬉しい、ひんやりドルチェ。

P1440084.jpg


≪7・8月教室日程≫

7月3日㈫(残席2)・4日㈬・5日㈭・6日㈭(残席3)・8日㈯(満)・9日㈰(残席1)
11日㈫(残席1)・13日㈬(満)・14日㈮・15日㈯・16日㈰(残席1)・19日㈬・20㈭(残席2)・23日㈰

8月22日㈫・23日㈬(満)・24日㈭・26日㈯・27日㈰(残席3)・29日㈫・30日㈬(残席1)

※間に夏休みの親子教室開催のため、7月・8月はこちらのメニューで実施します。


時間:11:00〜14:30頃まで
レッスン費:¥4,800
人数:各回2名~4名様まで
持ち物:エプロン・ハンドタオル

☆ご予約後のキャンセルについては予約日の2日前よりキャンセル料を頂戴致します。
食材準備の都合上、何卒ご了承下さいませ。
詳細は下記教室ご案内ページで必ずご確認下さい。

☆教室での営業・勧誘・広告・宣伝等、営利を目的とする行為はお断り致します。
お守り頂けない場合は参加をお断りすることがございます、ご了承下さい。


☆イタリア料理教室ジョイアご案内はこちら

☆参加お申し込みこちらのフォームより

☆ご質問・お問い合わせこちらのフォームより


皆様のお越しをお待ちしております!


関連記事
スポンサーサイト

 Menu' たっぷりイタリアンメニュー

0 Comments

Leave a comment