イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

イタリアトマト2017

P1440372.jpg

真っ赤に熟した見事なトマト!!!


これ全部、イタリア品種です


いつもお世話になっている、⇒中村ぶどう園さん
もちろん、ぶどう専門店ですが、野菜も沢山作られていて
今年はなんと、イタリアトマトの種類を増やして下さっています。


手前の細長いのがSan Marzano よくホールトマト缶の写真にある、あのタイプです。


もう、このトマトで作るとトマトソースの酸味が絶妙。
種の水っぽい部分がとても少なく、果肉自体もしっかりしているので、
加熱してこそおいしい品種です。
輪切りにして、生でサラダに散らしても、もちろんおいしいけれど、
このトマトで作るソースはもう・・・感激的においしい。
ソースの味の深みが変わる。


P1440396.jpg

開催中の親子レッスンより、サッカー部のお兄ちゃん。
「クラブも忙しいし、6年生でお料理も卒業やな」と話していたのですが、
久しぶりに来てくれて嬉しかったなぁ~

真っっっっっっ黒に日焼けした腕でサンマルツァーノを切る。
お母さんによると「焦げてる」と言っておられましたが(笑)

いっぱい太陽浴びているから、トマトふんだんに食べて!!




最初の写真の、ゴツゴツしたタイプは
Cuore di bue これは、生でも加熱してもどちらでも大丈夫です。

小さい、チェリータイプは、日本のアイコほどの甘味はありませんが、
パスタのトマトソースに一緒に入れてしばらく煮込むと、
ぐんと甘味が増してびっくりしました。
サラダに入れて食べるには、酸味があってしっかりした味です。
この、チェリートマトだけで作るトマトソースも、贅沢やなぁ~
まだ作っていませんが、絶対に美味しいの間違いない。



今、ザクザク実っているそうなので、ぜひぜひ皆さんも中村ぶどう園さん、覗いてみて下さいね!
もちろん、ぶどうは言わずと知れた名店ですので、ぶどう+トマトでこの夏元気に過ごせるはずです。


私も、どんどん使わせてもらおうと思います。



関連記事
スポンサーサイト

 Ingredienti 教室の厳選食材

0 Comments

Leave a comment