FC2ブログ

イタリア食材講座

P1450534.jpg

先週の土曜日は、いつもお世話になっているよつ葉さん⇒関西よつ葉連絡会
での、イタリア食材講座があり、私はまたまた参加者の方の試食作りに伺っていました。

今回は年内最終回
良い赤ワインを出すからと、お肉系メニューのご希望でラグーなどを作ってきましたよ!
講師を務められている、イタリア人シニアソムリエ、ルカさんセレクトの、
シチリア産シラーでした。


P1450531.jpg


メニューはこちら
シチリア産有機古代小麦ルッセッロ種のパスタ パッケリのラグー
同じくルッセッロ種のパスタ フジッリのカーチョ・エ・ペーペ チーズと黒胡椒
星形パスタ ステッリーネ入りのミネストローネ
じゃがいもとケイパーのサラダ
りんごと蕪のサラダ

なんせ材料がイタリア食材だけでなく、お野菜も調味料もとびっきりの品質のものばかり
揃えて下さっているので、私はおいしく作らないとばちがあたります、
そういう気持ちで毎回臨んでいます。



講師のルカさんのお話しがいつも興味深いんです。
私もほんとはもっとじっくりと聞きたいんだけど・・・調理しながらは難しいのでとても残念。

例えお話しをじっと座って全部聞けなくても、どんな形であれ参加させてもらえると、
いつも勉強になることばかりです。
本当に色々な経験をさせてもらい、考え方もどんどん開かせてもらい、
そして沢山のいい出会いを頂いています。



以前に書いたのですが、おいしいものは『健康な人』から生まれている。

私の言う「健康な」とは、単に体の調子についてだけではもちろんなくて、
たくさんある選択肢の中から、自分の目指す方向へ続く必要な道を選び取れる人、
その道を切り開き進んでいくパワーと勇気と情熱のある人、
良いものをつくりたいという思いのある人、
トータルで、バランスの取れた人、そういう人なのではないかな?と思います。


昨年のイタリア滞在中に書き上げました
ウンブリアのワイナリーDi Filippoさん訪問の際にまとめたものです。
この記事は自分でも超大作⇒Cantina Di Filippo

感動的な体験だった。
やっぱり『人』なんです、何よりもまず、その人の『思い』から始まる。
おいしいもの、いいものを作りたいと思って、臨まないといけません。

沢山の『思い』が詰まったパスタであり、食材なので、大切に、心をこめてお料理します。
同じくお世話になっている大好きなイタリア野菜川口屋さんのお野菜もそうなのですが、
やはり、生産者さんとの顔が見える関係があると、自然とそうなります。


P1450537.jpg

ミネストローネの写真が撮れなかったので・・

かわいいお星さまのパスタ ステッリーネ

こういう、極小パスタもイタリアには沢山あって、スープに入れて食べるとおいしい。
離乳食にしたり、軽く済ませたい時にはブイヨンの中にこういう小粒パスタだけを入れて
シンプルに食べることもあります。




あぁ、私は、何といっても無事に終わり、喜んでもらえて、ほっとしています

関連記事
スポンサーサイト

 Lezioni よつ葉さんの料理教室&食材講座

0 Comments

Leave a comment