イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

嫌味のないお味です

P1450671.jpg

嫌味のないお味です。
厳密には、全く「嫌味のないお味でした」
お料理に関して、「嫌味のない」という表現もおかしいかもしれませんが、
その通りなんです、やさしい。

11月から先週末まで続いていた今年最後の魚介メニュー、メインのお魚です。
お野菜には、今年の秋に採れたての新オリーブオイルをさらりとかけて。
年内に日本に届いているというのは、貴重極まりないことです。

P1450672.jpg

お野菜と、ハーブと一緒にオーブンで焼き上げます。

「また、お魚メニューが増えたね!」と喜んで下さって嬉しいです!


とても手軽で、簡単なのに、味も決まって、おいしい。
自家製のタイムとオレガノに、春にイタリアの友人が持ってきてくれた
イタリアの、ドライのタイム。
香りが強く、日本のものと全然違いますよ。

P1450654.jpg

秋鮭やら、鯛を使っていました。
真っ白な蕪がきれいで、とろっとやわらかで、ハーブがきいてよく合います。

P1450680.jpg

今回の魚介メニューは、そして、「展開できる」一品が多かった。

タコのトマト煮込みは、そのまま、パンに乗せる、パスタのソースにもできますし
蕪の葉も、そのまま食べるのはもちろん、こちらもパスタのソースにしてもおいしい。

こんな風にしか食べられないというのではなく、こういうパターンもOK
こんな風にも、そしてこうしても食べられますという方が、よっぽど人生も豊かになって
私は楽しいと思っています。


それは、実際にジョイアに3年から5年以上お越し下さっている方々が仰って下さっています。
「食生活が豊かになった」
「人生が楽しく変わりました」と。

毎月のメニューをご覧下さったら分かりますが、決して、豪華な食材を使ってそうなっている訳ではありません。
『豊かさとは、物質を通して得られるものではない』のイタリア語から教室名を付けた人ですから、私。
(名前の理由は他にもあるのですが)
何か、暮らしを楽しむイタリア的なヒントだったり、日本の日常とはちょっと違うイタリア的な体験ができるのが
私の教室。

そういう場と、人のつながりを、イタリア料理教室を通じて、ずっとつくってきました。
私自身が、そういう場をつくりたいと思い続けて、実行してきた結果でもありますし、
賛同して、一緒に楽しんで、応援して下さる方々がいらして下さったからです。


本当に、いつもありがとうございます


今日のタイトルからはだいぶそれてしまいましたね・・・
クリスマスメニューでお待ちしておりま~~す!!!

12月クリスマスメニューのご案内はこちら



関連記事
スポンサーサイト

 Lezioni 教室はこんなところ

0 Comments

Leave a comment