FC2ブログ

価値のある良いことは

P1460471.jpg


ターシャ・テューダーさん
『思う通りに歩めばいいのよ』より


料理のコツで強調したいのは、できるだけ新鮮な材料を使うこと。
それと、スープやシチューは、調味料を入れたら何度も味見をすること。
スープの味のうすいのは、がっかりですからね。
それから近道を探そうとしないこと。
価値のある良いことはみんな、時間も手間もかかるものです。



ターシャ・テューダー(1915~2008)
アメリカの絵本画家、挿絵画家、園芸家、人形作家





写真は、今月のキッチンの窓辺。
ここに立つと「お料理をしようという気分になるよね」と言って下さる方が多い
うちの東向きの出窓です。
そんな風にいつも言って下さるから、裏方の私の掃除もはかどるのです。
お越し下さっている皆様のおかげです。


それから、『盛り付けのコツは・・』とよく聞かれるのですが、
どうしたら一番きれいに見えるかを考える。

そして度が過ぎないことかな?
例えば量ならば、盛り過ぎ、ソースをかけ過ぎ、あるいは少な過ぎではなく、
使いたいお皿の大きさに対して適正な分量があると思うので
空間に対しての適正なバランスを考える。

例えば、今月のパスタなら、菜の花の緑、サルシッチャのお肉の色、ピンク、パスタの黄色
があるので、色の配分がまんべんなく散らばるように。
野菜なら、地球上に育っているそのものの形を大切にする。
菜の花のつぼみなら、上に向けてあげる。

そういう、地道な観察力でしょうか・・?細かな気配り。

『写真をうまく撮るコツは・・?』と同じで
失敗を繰り返しながら、自分で何度も何度も経験する他に道はないと思います。
そして、自分はどういう雰囲気の写真が好きなのか、どんなイメージを目指したいのかを
自分でつかむということかな。

私はまだまだ道半ばです。料理写真も同じく。
ただ、写真の場合はきれいに撮りたいと、心の中で思いながら撮っています。
思い描いてもいないこと、考えてもいないことが、実現するはずがありません。


関連記事
スポンサーサイト

 Parole ことば集

0 Comments

Leave a comment