イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

微糖+コク+ほろ苦=?

なんだか缶コーヒーの宣伝みたいなタイトルになってしまいましたが
今月のリゾットについて!

P1060466.jpg

洋ナシは今が旬、スーパーにもたくさん並んでいますよね。
右の紫が「ラディッキオ」、チコリという地中海の野菜の仲間で
ほろ苦い冬野菜。奥はパルミジャーノです。


メニューお知らせの際にも書きました、
チーズと洋ナシの組み合わせ「Cacio e pera カーチョ エ ペーラ」は、
トスカーナでは前菜やおつまみにこの時期よく使われます。


昔むかし、私がまだ「チーズ」=formaggio フォルマッジョ(チーズ全般を指す)
という単語しか知らなかった頃・・・

町一番というおいしいジェラート屋さんに連れて行ってもらい
「カーチョ エ ペーラ」という種類をなんとなくおいしいそうかなと頼んでみました。

イタリア人の友人達に「エツコ、それおいしい?」と聞かれて
「おいしいよ、でもカーチョって何?」と聞き返した思い出が。
カーチョって何か分からないけど梨が入ってるなら、
果物の何かかなーなんて想像して注文していました・・・

「フォルマッジョ」以外にも固有のチーズ(パルミジャーノやモッツアレッラなど)ではなく
「チーズ全般」を指す場合トスカーナでは「カーチョ」も使われます。

なので私の注文したジェラートは「チーズと洋ナシ」味だったのだと
このとき初めて知ったのでした。


P1070488.jpg

加熱することもあり、あまり熟した梨は使っていません。
ブイヨンとお塩、パルミジャーノの塩気も入るので、
梨の甘さはほのかに。

ほのかとはいえ、これだけだとやはり甘みが目立ちますが、
紫のラディッキオが入ることでほろ苦さが加わりバランスが良くなります。

そこへパルミジャーノのコクが絡みます。
さあ、どんな味でしょうか。
これはもう食べていただくしかありません。

「未体験の味」「これは女性に喜ばれそうね」と珍しい組み合わせを
皆さんとても楽しんで下さっています。


マダムT様より。
ご主人作の新鮮なお野菜をいつもたくさんお持ち下さいます。
ありがとうございます!

P1070466.jpg

そうそう、今日は2度もたねやさんの「オリーブオイル大福」の話を聞きました。
一度食べてみたいと思います。
でも、イタリアのオリーブオイルを瞬間冷凍して輸入しているとか・・・

私、オイル輸入にも関わってきましたが、
「オリーブオイルを冷凍する」という話、過去に聞いたことがありません。
冬の間に気温が10度を下回るとオレイン酸など、オリーブオイルの中の
一部の成分が固まるのは自然なことですが。
新しい手法なのでしょうか?
うーん??という印象です。


☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなどはこちら

☆12月「おうちでイタリアン」は魚介づくしのメニュー&ティラミス・ご案内はこちら

☆12月「たっぷりイタリアン」は中部イタリアのクリスマス伝統メニューを・ご案内はこちら

皆様のお越しをお待ちしております。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

 Lezioni 教室はこんなところ

0 Comments

Leave a comment