イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

Olio Nuovo 2012 この秋搾りたてのオリーブオイル!

今年の秋搾りたてのイタリア産エクストラヴァージンオリーブオイルを
年内にいただける幸せ!!

今月メニューは盛りだくさんだったので、書きたい話題がいっぱいです。

トスカーナ州、フィレンツェ近郊産の
超グリーン
この秋に搾りたてのオリーブオイルを今月のドルチェに使いました。
トスカーナのオイルの特徴、グリーンな風味を思う存分味わえます。

P1080174.png

ご覧の通り、フレッシュな黄緑色にゴールドの輝き。

手摘み、コールドプレス、ノンフィルターの一番搾りオリーブオイルです。
(このオイル関連用語は・・・?
以前オリーブオイルについて書いた記事をご参考までに⇒Olio Nuovo 2011新オリーブオイル


オリーブの収穫はだいたい10月から11月にかけて。
搾られてまだ1カ月少ししか経っていませんので、オリーブの実搾りたて特有の
のどを刺激する「ピリピリ感」がすごい!!

ポリフェノールが生きている感じです。
このピリ感は、時間が経つにつれておさまってくるのですが、
この時期特有のもの、まさに搾りたての証です。

P1070723.jpg

これを今回、「たっぷりイタリアン」コースのドルチェに使いました。
EXVオリーブオイルをドルチェに?
そうなんです、オレンジとオリーブオイルで作るソースで
リコッタチーズのトルティーナ(ババロアのようなお菓子)と合わせています。

これは友人シェフ、ブルーノ氏のレシピ。
彼についてはまたの機会にぜひお話させていただきます。
イタリア時代に、いつも親身になって支えてくれた
とってもお世話になった友人のご主人なのです。
本屋さんを営む優しく知的なアンドリーナと、シエナのレストランで
働かれているシェフのブルーノ、大好きなご夫婦です。


ドルチェは・・・
オレンジの甘みと酸味にふわっとオリーブの香りがのって。
土台のリコッタが甘いので、オレンジと重なるとちょうど中和されます。
皆さん、まずこの組み合わせに驚かれ、
食べてもまた、気に入って下さいました。
「今までのドルチェの中で一番好き」とおっしゃって下さった方も!


オイルだけ、パンに付けてお味見された方は
「来月のレッスンまで残っているだろうか?」と心配されていました(笑)

これは、私が加熱するお料理に使っているほどの惜しみない量は
一気に使っていませんので、大丈夫ですよ~

P1080190.jpg

さて、これは一体?黄緑色のマニキュア??

先月末に、たねやさんの「オリーブオイル大福」のことをちらっと書きました。
(⇒微糖+コク+ほろ苦=?
これを読んで、日頃お世話になっているS様が
すぐに梅田のデパートに走って下さって、オイルを買ってきて下さいました。

阪急も阪神も、大福は売り切れで、かろうじて「オイルのみ販売」で
手に入れて下さり、貴重なオイルをおすそ分けして下さいました。

こちら、まだ冷凍中。
お正月にでも解凍していただいてみようかと思います。

私の第一印象、瓶がかわいくて「マニキュアみたい!」だったので、
右のブルーは本物のマニキュア。大きさもイメージがつきやすいのではと思いました。


☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなどはこちら

☆1月「おうちでイタリアン」はあったかミネストローネやフォカッチャなど
ご案内はこちら

☆1月「おうちでイタリアン」は手打ちパスタにタラの煮込み・あったかドルチェを
ご案内はこちら

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

 Ingredienti 教室の厳選食材

0 Comments

Leave a comment