イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

2月「たっぷりイタリアン」メニュー

来月の教室は、暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続く頃。
そんな時期にぴったり、ドーンと豪快なお肉の煮込みに
この時期やっぱりおいしいチョコレートのドルチェなどを!


・Malfatti マルファッティ ほうれん草とリコッタチーズのボール
・Scottiglia スコッティリア トスカーナのぶつ切り肉の煮込み ガーリックトーストと
・Millefoglie di patate e funghi じゃがいもときのこのミルフィーユ
・Tortino di cioccolato アツアツとろけるチョコレートのトルティーノ


&イタリアワイン、食後のエスプレッソ付き


・マルファッティ ほうれん草とリコッタチーズのボール

P1080474.jpg

今回は、ボリューミーなお肉料理と、ドルチェもチョコレートで重ためですので、
こんなメニューにはパスタよりもお野菜たっぷり系のプリモがいいですね。

旬のほうれん草をリコッタチーズと合わせてパスタのようにゆでていただきます。

これは、パスタの生地で包むとラヴィオリになる中身とも似ているのですが
こんな風に、中身のフィリングだけでもいただきます。
そのため別名「ヌーディ(=ヌード)」とも呼ばれています。
衣を着ていないからでしょうね!


・スコッティリア トスカーナのぶつ切り肉の煮込み ガーリックトーストと

P1080546.jpg

野性味あふれるとっても豪快なお肉の煮込み!
起源はとても古く、エトルリア時代(ローマ時代の前)と言われています。
もちろんその頃トマトはまだイタリアに存在していませんが、
こういうお肉の煮込みを食べていたのでしょう。

イタリアでは、牛、豚、鶏の他うさぎ、羊、鴨、...等などと入れるお肉の種類は
多ければ多いほど良いと言われています。
教室では、手に入りやすい牛、豚、鶏を使います。
(以前から、一度スペアリブを使ったメニューを作りたいなと
考えていましたので、ちょうどこのお料理にぴったりでした)

ガーリックトーストをお皿にしいて、その上にアツアツをかけて
一緒にいただきます。


・じゃがいもときのこのミルフィーユ

P1080516.jpg

スライスしたじゃがいもと、ニンニクとともに炒めたきのこの
ミックスを、層にします。
「ミルフィーユ」はフランス語、イタリア語では「ミッレフォーリエ」といい
沢山の層が重なったという意味です。


・アツアツとろけるチョコレートのトルティーノ

P1080626.jpg

バレンタインにこんなアツアツとろけるチョコレートのケーキは
いかがでしょうか?

中からチョコがとろけ出す!
焼く時間を調節して、中心を焼ききらずに仕上げます。
2月ですもの、こういうチョコのドルチェが嬉しいですよね!


《たっぷりイタリアン・2月レッスン日程》

2月6日(水)(満)・7日(木)(満)・8日(金)(⇒残席2)・9日(土)(満)・10日(日)(満)・11日(月・祝)

11:00~14:30頃まで
¥4,500
各回4名様まで


☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなどはこちら

☆参加お申し込みこちらのフォームより

☆ご質問・お問い合わせこちらのフォームより

皆様のお越しをお待ちしております。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

 Menu' たっぷりイタリアンメニュー

0 Comments

Leave a comment