イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 トスカーナ仕込みのイタリア家庭料理を日本の四季に沿ってご提案しています

遊び心

以前「遊び心が大切」と書いた記事(→初雪)の続きです。


とにかく忙しく、髪振り乱して走り回り、肩に力の入った状態では
いいものは作り上げられないと思っています。
・・・そういう時も多々あるので、できるだけ減らしたいと心がけてはいます。


人によってそれぞれ違うとも思いますが、近頃大事だなと思うのは、
「遊び心」が持てる状態でいること。

「心の隙間にちょっとした余裕のある状態」とも言い換えられるかもしれません。

私の尊敬する素敵な方々は、ゆったり海のように落ち着いていて
お腹の底の方、丹田にパワーがある。
もちろん、人生には色々なことがありますので、
日頃の鍛錬でいざというときに堂々と振る舞える集中力と精神力も持っておられるのでしょう。
そこまでは程遠いですが、今のところ、心の中にそのくらいの余裕を持てるようになり
生きたいと思っています。


最近教室のささやかな楽しみにして下さっている方も多いのが
食事の際のペーパーナプキンの柄。

P1090617.jpg

今年の春はこんな感じです

かわいい~
使うのもったいない~
こんなんどこで見つけてくるの~

といつも皆さんおっしゃって下さるので、これがまた
探すパワーにつながるのです。

こういう部分を余白で考えられるのは私にとっては遊び心の範疇です。
そして季節の色を捉えるのは感性。

私自身が楽しくないと、やっぱり楽しくない。
バレンタインのハートバージョンも、かわいかったんですよ。


P1090608.jpg

最近は、ナプキンとお花選びでかなり遊んでいます。



先日の記事に、久々に教室にお越し下さった方が
いらっしゃったと書きました。

1年ぶり以上の再会に、その間の様々な話題が尽きず
「そうそう、あの頃はもう毎回本当に緊張していて・・・」という話にもなりました。
今では私も笑い話にできるようになりましたが、
オープン当初数ヶ月のレッスンは本当にそんな感じでした。

その頃は私、ナプキンの柄にまで気を遣える余裕がありませんでした。
イケアでどっさり買ってきたものを使っていたかな、
イケアのも好きなんですけどね。


この「遊び心」にかけてはイタリア人は天才的だと思います。

肩の力の抜け具合というか(笑)

もう、本当に日本みたいにいろんなことがスムーズにスピーディーに進まない
社会で、そこは信じられないようなこともものすごく多いのですが・・・
こういう部分は、本当に好きなところです。

P1090619.jpg

3月レッスンも始まっています。
こちら、本日の「おうち」コースのドルチェ、「チェンチ」
揚げる前の状態です。
私の毎月のメニュー紹介の写真では、お越し下さった皆さんにもお伝えしていますが
「真面目に作りすぎました」面白みがないですよね。

自由に、いろーんな形があっていいのです。
楽しくないと。

これも、私のはメニューアップを早くしたくて時間に追われて作ってしまったな・・・
レッスンでは、自由に楽しく作っていますので。
こういうドルチェは、子どもと作ると絶対楽しい!


☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなどはこちら

☆3月「たっぷりイタリアン」は菜の花のオレキエッテなど。ご案内はこちら

☆春休み限定「親子で作る手打ちパスタ」残席わずかです。ご案内はこちら
関連記事
スポンサーサイト

 Lezioni 教室はこんなところ

0 Comments

Leave a comment