イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

リグーリア州ロイ社のオリーブの塩漬け

オリーブの実って、日本で買うとどうも薬っぽい味が実は気になっていました。


一番信用のおけるお店で買ってもオリーブだけはなんだか違う。

日本ではこういうのしか手に入らないのかなとずっと思っていましたが・・・


やっとおいしいオリーブに出会えました!


P1110629.jpg


梅田阪急にできたEatalyで。
もう、売り場で見ただけでこれはおいしそうだと思いました。

これ、皆さんに話すと
「瓶なのに見ただけでどうして分かるの?」と聞かれましたけど


嗅ぎ分けられるんです私(笑)


私の一番お世話になったマンマが家で漬けるオリーブの実の状態に似ていたから。

おいしいんですよ~~~~!!!!


あのおいしさは、残念ながら輸入品では味わえません。
作り方は習ってきているんですが、
なかなか大量の摘みたての実は手に入らない
アクも抜かないといけないし、大変。

オイルにしない場合、オリーブのアクは強いので苛性ソーダで抜くんです。
苛性ソーダで日にちをかけてきちんとアクが抜かれている場合は「薬品の味」はしません。


こちら、イータリーで手に入る「ロイ社のオリーブの実」品種は「タジャスカ」
北部リグーリア州特有の種類で、実は小さめです。

オリーブの熟し具合も色々ミックスされているのが自然。
緑色のが若い実で、黒っぽくなるほど熟しています。


でもこのオリーブ、塩は、かなりきついんですけどね。

でも、あの嫌な「薬っぽさ」がないところがいい。
なので、オリーブの塩を活かして、合わせるものの塩味を減らせばいいのです。

今月の甘夏のサラダに使っていますのでお楽しみに~


☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなどはこちら

☆5月「おうちでイタリアン」は旬のアサリでヴォンゴレスパゲッティー
ご案内・開催日程はこちらより

☆5月「たっぷりイタリアン」は生地から作ってピザを焼きましょう!
ご案内・開催日程はこちらより

お申し込みもメニュー案内ページから可能です。
関連記事
スポンサーサイト

 Ingredienti 教室の厳選食材

0 Comments

Leave a comment