イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

2013夏休み「親子で作る手打ちパスタ」フェットゥチーネ編

子ども達の夏休みもあと数日となりました。

今年の夏休みの親子料理教室の写真は、必ず8月中にUPしたかったので、
私も宿題に追われるような気分で仕上げました(笑)

この夏の「親子で作る手打ちパスタ」のご報告です。
みんなの一生懸命な様子を見て下さいね!!


今回は、手打ちパスタのフェットゥチーネを作りました。
(レッスンの開催概要は→こちら

fettuccine.png

今回は、卵入りの麺です。
小麦粉を量るところから子ども達とやってみます。
一人ずつ一生懸命手でこねていきますよ!

fettuccine2.png

こねて、こねて、のばして・・・

fettuccine3.png

包丁で切り分けて、麺にしていきます。
どんどんフェットゥチーネが完成してきました。


さぁ、さらにここからソース作り。
今回は、手作りのイタリアンソーセージ、サルシッチャもみんなで作りました。

fettuccine4.png


お腹すいた~!!お料理の後はお待ちかねの試食タイム。

fettuccine5.png

コロコロソーセージの入ったトマトソース。
みんなおかわり、おかわり続きでもりもり食べてくれました!

手作りフェットゥチーネと、サラダ、
ズッキーニ入りのイタリアンオムレツ、フリッタータと
デザートはすいかのグラニータでしめくくりました。

暑い暑い中お越し下さった皆様、どうもありがとうございました。


「親子で作る手打ちパスタ」は今年の夏で第4回目となりました。

私の子供時代でもそうでしたが、なかなか普段、お家でのお手伝いでは
お子さんと一緒に最初から最後まで何かを作り上げるということは少ないと思います。

普段はきっと、晩御飯の支度のある一部分とか、お皿をふいたり、並べたり
何かの皮をむいたり・・・などの簡単なことだけというご家庭が大部分なのではないでしょうか?

ですので、子ども達が「最初から最後まで自分で作ってみる」ということだけでも
大きな経験になるのではと思っています。
小麦粉だったものが麺になり、ソースとからめて食べられるわけですから。

もちろん、手打ち麺を日常的に作られるご家庭は少ないと思いますが、
この一連の流れを体験してみることで、お母さんが普段どんな風にご飯を作ってくれているかを
想像してみることもできますね、また、簡単にはできあがりませんよね。
そしてこの中には「家族を思う気持ち」が込められています。

今回小さなT君が「みんなで食べたらおいしいね」と言ってくれましたが、
まさにその通りで、こんな経験を通してこそ、今すぐでなくてもいずれそんな部分にまで
思いを馳せられるのではないかと思っています。


また今まで決して「速く上手く、きれいに作ること」を目的にしてきたわけではなく
「楽しく作って食べること」を大切に実施してきました。

それが今回、特に初回から来てくれている子ども達は、本当に手慣れて
私もびっくりするほどの上達ぶりが伺え、感激してしまいました。

これはまさに、楽しみながら続けてきてくれたおかげだと思っています。


ありがたいことに「次回はパパも一緒に来たいな」とおっしゃって下さるご家族もいらっしゃいます。
また、楽しいレッスンを考えていきますね!

最後に今回も私の元職場の先輩KAYOさんが、たくさん写真を撮って下さったので
使わせて頂きました。感謝しています。

☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなどはこちら

☆9月「たっぷりイタリアン」は秋のきのこづくしです。
メニュー詳細・開催日程などはこちら
関連記事
スポンサーサイト

 Bambini 親子で作る手打ちパスタ

0 Comments

Leave a comment