イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

モネ 庭とレシピ

友人からこんなプレゼントをもらいました。

P1160638.jpg

モネ「庭とレシピ」 林 綾野著 

「アーティストと食の関係」を研究されているキュレーターさんが書かれた本です。
ちなみに左のハートは、伊勢に行ってきたそうで、伊勢焼きのかわいいお箸置き!



「睡蓮」があまりにも有名な19世紀フランス印象派の画家、モネですが
庭造りと食事を愛した画家でもあったそうです。

あの「睡蓮」は、ああいう自然が近くにあった訳ではなく
なんと自らがデザインし創り上げた庭を描いたそうです。
この本で、初めて知りました。


特定の農家から野菜を取り寄せ、鶏を飼い生みたての卵をいただき
ハーブを育て、評判のお店の情報を集め、レシピの収集をし・・・
自然を愛し、食を愛し、家族を愛した。

モネが書き残したレシピノートから、日常に食べていたのだろうなという
お料理が「ジヴェルニーの食卓再現レシピ」として写真と共に載せられています。

ネギとジャガイモのスープ
リヨン風ポーチドエッグのグラタン
ベイクドビーンズ プロヴァンス風
ボルドー風きのこ
チーズスフレ
牛肉の直火焼き ワインソース添え
栗のガトー・・・・・などなど

文章だけなのが申し訳ないですが素朴な、心温まるお料理の数々。


最近あまりに忙しく、気力、体力ともにものすごく低下していたので
(自分のコンディションを整えるのも仕事の内と思っていますが...限度を越えてしまいました)
すーっとヨーロッパの光と風が届きました。
キッチンのインテリア写真もとても素敵です。

うちの直輸入雑貨コーナーに置いておきますので
もしご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひご覧下さい。


この友人(私の元同僚であり親友)には、私も偶然ギリシャで見つけた
こんな本を買ってきていました。

P1170014.jpg

私が滞在したのは小さな町だったので、唯一のミュージアムにあった
鑑賞教育の一環だろうと思われる、ギリシャの子ども達の絵の本。

P1170015.jpg

P1170018.jpg

そう、この構図は日本人なら誰でも知っている・・・

P1170017.jpg

そう、北斎です。
古今東西の名画を見て、それを描いているようです。
学校とミュージアムの連携授業か(いや、そこまで進んでいないかな)
ミュージアムのプログラムの一つか?
おそらくかなり小さい子、3、4歳くらいから小学校の高学年くらいまでの絵です。

P1160994.jpg

ギリシャ語はアルファベットから違うので、さっぱり・・・
この本について、それほど深く話を聞くような時間も取れなかったので
そのまま向こうから送った荷物に入れてしまいました。
聞いときゃよかったな~・・・


アーティストの名言が所々にちりばめられていて、
これがまたなかなかいいなと思ったのです。こちらは幸い英語でした。

I sometimes think there is nothing so delightful as drawing. ゴッホ

Art is not what you see, but you make others see. ドガ

To be an artist is to believe in life. アンリ・ムーア

Everything is infinitely simple and so infinitely beautiful. フンデルトヴァッサー

I shut my eyes in order to see. ゴーギャン

Look at life with the eyes of a child. マティス


P1170013.jpg

おしまい


☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなどこちら

☆11月「おうちでイタリアン」は白いミートソースのスパゲッティ他
ご案内はこちら

☆11月「たっぷりイタリアン」はお待ちかね手打ちパスタのパッパルデッレ他
ご案内はこちら

皆様のお越しをお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト

 Quotidiano 日々のこと

0 Comments

Leave a comment