イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

南アの国歌

南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領が亡くなられましたが
ちょうど1ヶ月ほど前に偶然「南アフリカ共和国の国歌」について話を聞く機会がありました。

私の日本、イタリア両国の友人の音楽家達が、イタリア生活文化交流協会で演奏しています。
10月末にイタリアから来日していたチェロ奏者のルカ氏(ルツェルン祝祭管弦楽団)と開いた
コンサートで、アンコール曲の解説についてぜひ通訳してほしいとのこと
でしたので、行ってきました。

今回ルカ氏が選んだのは「南アの国歌」でした。

なぜ南アの国歌を選んだのか?
まずは、美しい音楽であるということ。

もともと古くから伝わる賛美歌が元になり、その後国歌となったそうですが
元の賛美歌というのは、アフリカのある民族の歌であった。

その民族はとても貧しく、さげすまれ、過酷な生活をしていたのだが
歌の内容は、アフリカに祝福を、皆の祝福を願うというもの。

そのような状況下で、皆に祝福をと願える彼らの姿勢から、
私たちが学ぶべきことがたくさんあるのではないか?


そんな思いは、南アフリカのみならずアフリカ全土に、ひいては
イタリアや日本、世界中に伝わっていく。

というのがルカ氏の思いでした。


少し調べてみると、「神よ、アフリカに祝福を」という黒人解放運動の象徴だった曲と
「南アフリカの呼び声」というアパルトヘイト時代の国歌を組み合わせて
マンデラ大統領が国歌に制定されたそうです。



さて、今日から今月のお肉メニュー「たっぷりイタリアン」が始まりました。

P1180400.jpg

P1180408.jpg

今回は本当に「たっぷり」ですよ~!!!!
普段の月に比べるとかなり手がこんでいますが、手間をかけるだけの甲斐があります。
皆様のお越しをお待ちしております。


☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなどはこちら

☆12月「たっぷりイタリアン」おすすめペンネのオーブン焼き・ローストビーフなど
ご案内・開催日程などはこちら
関連記事
スポンサーサイト

 Interprete イタリア語通訳

0 Comments

Leave a comment