イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

2種のチョコケーキ

バレンタイン月といえば・・・そして寒いこの時期にはやっぱりチョコがおいしいので
今月はタイプの違う2種のチョコケーキを作りました。

P1190583.jpg

こちらたっぷりコースのトルタ。ココア生地にチョコをとろりっと。
「見た目よりもぐんと甘さ控えめな大人の味」とのご感想でした。

特徴はヨーグルトが入ること。このためしっとり仕上がります。


これは、とってもイタリアらしくて計量がおもしろい!
普通家庭で買うような、大きなパックのヨーグルトでなく
食べきりサイズの小分けタイプのヨーグルトがありますよね、
あのカップを使って、1杯、2杯とお砂糖や薄力粉を計ってしまう。
イタリアでは、お菓子に使うオリーブオイル(バターの代わり)などを
普通のガラスコップで計ることもあるので、まさにその雰囲気。

イタリアらしさたっぷり「お菓子の計量と思えない。おもしろいねぇ」と皆さん驚かれていました。
小分けのヨーグルトを買わない場合もあるでしょうから、計量しやすいように
グラムでもお伝えしました。

以前、トスカーナでの野性のアスパラ摘みについて書いたことがあり
オリーブ畑を載せているのですが、この豊かな豊かな自然の中、
アグリツーリズモを営んでおられるご夫婦がいらっしゃいます。
こちらのマンマに習ったもの。
キーワードは「おおらか」。この抜けるような青空の下、ここから生まれる気質ですよね。


P1190643.jpg

レッスン初日、コーティングのチョコにバターを加えてからの
温度が高すぎて、分離させてしまいました・・・
湯せんでボールもチョコも温度が上がっているので、余熱で溶かしてもいいくらいです。

お隣のパスタのソースに気がいってしまったので、申し訳ありませんでした。

ここは、おおらかすぎたらダメなところですね。

P1190348.jpg

こちらは、チョコぎっしりおうちコースのカプリ風トルタ
見た目ガトーショコラですが、アーモンドプードルがたっぷり。
その簡単さ&おいしさから、これは今までの教室ドルチェで人気ナンバー1かな?


P1190281.jpg

おいしさの基はやはり良い素材。
風味が抜群、いつも欠かせないのがよつ葉バター、
よつ葉のさとうきびのお砂糖はまろやかな甘味。

P1190283.jpg

薄力粉もよつ葉で国産のもの。乾燥の度合いが緩めだと思います。
そのため生地がしっとり仕上がります。


こんな1ヶ月を過ごした私は、もちろんご想像通りダイエットに励みます(笑)
レッスン毎に一緒には食べていませんが、試作も何度もしていますので、危険ですねぇ。


☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなどこちら

☆3月「おうちでイタリアン」初の試み、和の器で楽しむお花見パスタ。春野菜をふんだんに使って
ご案内はこちら

☆3月「たっぷりイタリアン」は手打ちパスタで作る美味アスパラソースを包み込むトスカーナのトルテッリ
ご案内はこちら
関連記事
スポンサーサイト

 Lezioni 教室はこんなところ

0 Comments

Leave a comment