イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

雪蔵じゃがいもで作るニョッキ

ニョッキは、2年ほど前に一度メニューにして以来、ずっと登場していなかったので、
もうそろそろと考えていた頃に出会ったのがこのじゃがいもでした。

P1210694.jpg

「これだ!!これでニョッキを作ったら絶対においしい!!!」と、
もうニョッキのことしか考えられなくなりました(笑)

北海道で、雪の中で貯蔵された男爵。
これによって、デンプンが糖に変わり、甘味がぐんと増すんだそうです。


P1210673.jpg

コロコロと作る過程も楽しい。手打ちパスタよりも簡単です。

おもしろいのがこちら

P1210667.jpg

ヨーロッパのポテトマッシャー

ニョニョニョっと出てくる、ゆでたお芋をつぶす時の感触が何とも言えない~
これは一度皆さんにお試し頂きたいです。

P1210675.jpg

コロンとかわいい!!

P1210681.jpg

トマトソース、モッツアレッラ、バジルと合わせたソレント風の出来上がり。
お芋の、ホクホクとした優しい甘味が感じられます。


実は私は、何を隠そうイタリアで食べても、ニョッキは一度もおいしいと思ったことがなかったのです。
3粒食べてもうお腹いっぱいという重さがどうも苦手で。
基本的に好き嫌いはないので、食べられないという訳ではありませんが、
とにかくそれほど「好き」な部類ではありませんでした。

自画自賛ですが、こんな私でも今回初めてニョッキがおいしいと思えました。

じゃがいもの優しい甘味に、バジル入りのトマトソース。
雪蔵じゃがいもに、よつ葉の国産強力粉、トラーパニの塩のニョッキ。
おいしくない訳がないですね。

「市販のニョッキ」あれはもう、不味すぎて、全くの別物です。
簡単に手作りできますので、ニョッキは絶対にお芋を茹でて作ることをおすすめします!


☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなどこちら

☆6月「おうちでイタリアン」はイカ墨のスパゲッティーなど ご案内はこちら

☆6月「たっぷりイタリアン」はトスカーナの魚介スープ・カチュッコなど ご案内はこちら

☆6月/7月のスペシャルレッスンはピザ&番外編ギリシャ料理 ご案内はこちら

皆様のお越しをお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト

 Ingredienti 教室の厳選食材

0 Comments

Leave a comment