イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

異国の香り

久々に異国の香りです。

マレーシアに行っていた私のいとこ、このブログによく登場しているYOKOちゃん
(Gioiaのロゴをデザインしてくれたデザイナーです)からもらったアジアの味

P1220150.jpg

マンゴーのやわらかクッキーにフィッシュムルクという名のスナック。

この絵が!!赤ちゃん?妙にリアルでかわいい。
マンゴーの方は、イメージ的に甘そうですが、意外とあっさりなソフトクッキーでした。

きれいだから下に敷いてしまいましたが、このテキスタイル、いいでしょう~
実はこれももらった、キャミワンピなのです。
長さはけっこうありますが、両脇にスリットが入っていて素敵。
夏は、楽チンワンピが一番涼しく楽なので、大好きです。

P1220152.jpg

またまたかわいいのが紙袋。あまりにかわいいからこれも写真撮ってしまいました。

P1220157.jpg

お茶会と、お菓子を作っている様子みたい。
こういうの、大切に取っておいてしまうタイプでなかなか捨てられないんですよね。

P1230504.jpg

こちらは、さて何でしょう?口が印象的なこの魚

P1230500.jpg

日本の通訳ガイドをしている友人がおり、イスラエルからのお客様が多いそうなんです。
で、今回の紛争のほんの少し前、春に念願のイスラエルを訪れたお土産。
「よく大丈夫やったな」という話をしたくらい、直前でした。

雑貨屋さん?セレクトショップで見かけて、これは悦子だと思ったらしい(笑)
ありがとう、はるばるイスラエルから来てくれました。

なんと、「エッグセパレーター」
日本の雑貨店にも売っているのかな?私は初めて見ました。
卵の黄身と白身を、この口ですっぽん!と分けられるみたい

いいですね~卵を分けるというと、何と言ってもティラミス!!次回使ってみましょうね。

P1230499.jpg

死海の塩やら、ヌガーのような地元のお菓子。
友人も、死海でぷかぷか浮いてきたそうです。いいな~

ただ、紛争の話はやはり胸が痛みました。
現地の友人の中には看護士さんもいるそうで、それはそれは悲惨な状況を目の当たりにされています。

少し話しを聞きましたが、あまりにも過酷な現実で、
そんな経験をしてしまうと、ショックが強すぎて、
その後生きていけるのだろうかと思えるような惨事でした。
いくらプロフェッショナルな看護士さんであるにしても、です。
一般市民や子供ならなおさら・・・
今回の停戦が維持され、和平につながることを祈ります。

☆イタリア料理教室ジョイアのご案内こちら
スポンサーサイト

 Estero 世界各国

0 Comments

Leave a comment