イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

Indovinate che cos'e'? これ何だ?

《2012ローマ&アブルッツォ①》

新年の晩餐でいただいたもの。

これ一体何でしょう!?

testinadiagnello.jpg


葉っぱがはさまれている。

ん、何の形だ?

ん~口のような?と思われた方、さえてますね。

そうそう、ほら、どんどん横顔に見えてきますね。


横顔、何の横顔?


正解は、なんと「子羊」!

Testina d'agnello.子羊の頭部

この衣の下に頭が隠れています。
目の部分以外。

私も、教室で皆さんに伝授できるように、しっかり習ってきました。



・・・ウソですけど、いただいてきましたよ。


このメニューは「エツコが来るんだったらお正月に作ってあげる」と
早くから告知されていたので、期待半分、恐ろしさ半分でした(笑)

聞いただけでもショッキングなのに、調理を見るとさらにショッキングでしたが・・・
でも、子羊の臭みみたいなものは意外になかった。
体の部分の肉よりも食べやすいかも?
ただただイメージするとこわいだけで、
たくさん身のある部分でもありませんしね。

お祝いの席ですので、各部少しだけいただいて後は食べてもらいました。
さすがに、むしゃむしゃとは食べられなかったです。

日本人が鯛のあら煮を食べるような、そんな感覚です。
いただいてみて、そう解釈しました。

衣は、たっぷりのパルミジャーノと卵、パン粉、にんにくなどを混ぜて作られていて
かなり濃厚なお味です。


一般的にイタリア中部で食べられるようですが、私も初めて。
トスカーナではいただいたことありませんでした。
家庭によっても、好き嫌いがあるものなので、作られる家もそんなに多くないようです。


本当に貴重な経験をさせてもらいました。

お正月のイタリア報告はまだまだ続きます


イタリア料理教室ジョイアのご案内はこちら

1月のメニューのご案内&参加お申込みはこちら

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

 Abruzzo アブルッツォ州

0 Comments

Leave a comment