イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

10月「たっぷりイタリアン」は秋を満喫魚介メニュー

あれもこれも、食べ物がおいしすぎて困ってしまう秋の到来。
来月は秋鮭&サバの魚介メニューです。

・Fettuccine con salmone autunnale e panna 秋鮭のクリームソースのフェットゥチーネ
・Sgombro saporito サバの煮込み トマトとハーブのソース
・Insalata di patate e capperi じゃがいもとケッパーのサラダ
・Biscotti ubriachi 秋の赤ワインビスコッティ


&パン、イタリアワイン、食後のエスプレッソ付き


・秋鮭のクリームソースのフェットゥチーネ

P1240112.jpg

定番の鮭のクリームソースに、旬の秋鮭を使って。
養殖の鮭やサーモンに比べると、高たんぱく低カロリーな秋鮭。
幅広麺のフェットゥチーネとよく合いますね。
クリームソースも、寒くなっていくこれからの季節にぴったり。

・サバの煮込み トマトとハーブのソース

P1240159.jpg

サンマと共に、こちらも脂がのっておいしいサバ。
白いご飯のお供のイメージですが、
ハーブ、ワイン&トマトソースと合わせても美味です。

・じゃがいもとケッパーのサラダ

P1240174.jpg

日本で一般的なマヨネーズと和えるロシア風ポテトサラダよりも、
じゃがいものサラダというと私はこちらです。
一見シンプルですが、断然おすすめ。

白ワインビネガーとたっぷりのオリーブオイル
キラリと光る名脇役、パンテッレリア島産の最高級塩漬けケッパーを合わせます。
ビネガーのさっぱり感で、いくらでも食べられます。

・秋の赤ワインビスコッティ

P1240230.jpg

赤ワインとオリーブオイルの入る素朴なビスコッティ(=クッキー)
これをトスカーナの友人マンマ、過去にも何度も登場している
ヴァレンティーナさんですが、小麦粉を a occhio 目分量で作られます。
イタリアではよくあることで・・・

各地方に無数にあるこういう素朴な焼き菓子こそがイタリアドルチェの魅力だという気がします。
元々は、ubriachi 「酔っ払いのビスコッティ」という名前(笑)
私の訳はちょっとおすまししました。

〈10月たっぷりイタリアン・レッスン日程〉

10月4日(土)(→残席2)・5日(→残席1)・8日(水)・9日(木)・10日(金)
    11日(土)(満)・12日(日)(満)・15日(水)(→残席1)・16日(木)(→残席1)
※日程を追加しました。 18日(土)(→残席1)・19日(日)・27日(月)(→残席2)
     
時間:11:00〜14:30頃まで
レッスン費:¥4,500
人数:各回4名様まで
持ち物:エプロン・ハンドタオル

キャンセル料:食材準備の都合上、やむを得ずキャンセルされる場合は
ご予約日の2日前よりキャンセル料を頂戴致します。
下記教室ご案内ページを必ずご確認下さい。

☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなど教室情報こちらをご覧下さい。

☆参加お申し込みこちらのフォームより

☆ご質問・お問い合わせこちらのフォームより

皆様のお越しをお待ちしております。

関連記事
スポンサーサイト

 Menu' たっぷりイタリアンメニュー

0 Comments

Leave a comment