イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

Osteria La cicerchia

ずっと行きたかった京町堀の女性シェフのお店

P1250051.jpg

マルケ州の郷土料理が頂けます。
マルケといえば、これolive all'ascolana オリーブの肉詰め。粒子の細かいパン粉もイタリアそのもの。
いくらでもいけて、お酒が進んで困るメニューです。

P1250058.jpg

パスタも、珍しいものが多く、Maccheroncini campofilone
マッケロンチーニ・カンポフィローネ
イタリアでも、他の地域にいると、この名前は聞かない・・・
そう、統一国家になってからの歴史が浅いので、郷土色が本当に強いのです。

鴨のトマトソース 手打ちの細麺で、タリオリーニ的

P1250062.jpg

こちらはタリアテッレの白いラグー
パルミジャーノたっぷり、仕上げのEXVオリーブさらっとひとかけが効いて。

P1250068.jpg

うさぎの野生フェンネル風味 とっても力強い。

P1250055.jpg

お皿もぽってりと素朴なものが多くてかわいい、すごく好きです。



とにかく驚くのは塩味がイタリアだということ。
日本でここまで塩をきかせて作られるシェフは少ない。
Salato塩辛い、とSaporito風味豊か(しっかりした塩味でおいしい)の
違いは紙一重だと思いますが、トスカーナのマンマの作るお料理も、かなり塩がきいています。

ブログにもよく登場している友人マンマValentina、イタリア時代に、
「味はどう?」と聞かれ、「おいしい、でも私には(塩味が)濃いね」と答えることもよくありました。
本心では濃いなと思っているのに表面的に「おいしいです」と答えちゃう、
そういう関係は作っていないので、自分の意見ははっきりと。(おいしいのはもちろんおいしいのよ)
そうすると、友人(→息子)に「これは塩辛いんじゃない、サポリート!」だといつも言われていました。

普通のおいしいはBuonoよくご存知のブォーノ、サポリートは、Salatoサラート塩辛いともちょっと違って
とってもしっかりとした塩気でおいしい、というところ。
トスカーナはパンに塩が入っていないので、お料理の塩はきつめという理由も一つにあります。


まさにその「サポリート」な、マルケ仕込みのお料理が頂けます。

P1250070.jpg

マルケのサクランボの甘い食後酒 これはもうドルチェにぴったり

P1250072.jpg

りんごのトルタ


次回はぜひともお店の名前にもなっているお豆の一種、チチェルキア料理と
マルケのラザニアVincisgrassi を食べに行きたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

 Ristoranti ecc 食べ歩き

0 Comments

Leave a comment