イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

トスカーナ 春

IMGP2763.jpg

イタリア時代に、ちょうど3月、学生時代の友人が遊びに来てくれました。
トスカーナで一番美しいと言われているシエナの南、
なだらかな丘が連なる大好きな景色
ピエンツァからの早春の眺め

付近には最高級ブルネッロの産地であるモンタルチーノやモンテプルチャーノなど
きら星のように輝く小さな町がいっぱい
この辺りは、これからの季節レンタカーで回るのが最高におすすめです。
この丘と糸杉の連なる優しい風景が本当に美しいのです。

オリーブのシルバーグリーンの葉が太陽にあたってキラキラと輝いていました。
色々な芽吹きを見、早くもこのときは藤が咲いていた。



このときの友人との旅、かなり珍道中でした(笑)
まず、アリタリアでロストバゲッジに。
初イタリアで、イタリアの洗礼を受けたというか・・・
フィウミチーノ空港で探しに探したけど、出てこず。
まあ衣類や生活必需品は私の物があるので一緒に使って。
その時、手荷物に日本食やら私へのお土産のみを、
ぎゅうぎゅうに詰めに詰めて来てくれていたので、
手元に残った物には、一切彼女の物がなくて。
嬉しいのと気の毒で申し訳ないのと、涙が出た・・・


一緒に食べたものもおいしかったなぁ!!
この前、使いたい写真を探していたときに、あらこのときこんなの食べてた?というのが
出てきたので、また載せますね。
特にトスカーナの離島ジリオ島での魚介。

ちなみにスーツケース、私は一度だけウィーンで荷物だけが
止まっていたことがあり、私より1日遅れで大阪に帰ってきたことがありますが、
無くなってしまったことは一度もない。
さすが日本、関空で荷物が出てこないと調べてもらったら
一瞬で調べてもらえて、ウィーンに止まってますねと分かり、
家までちゃんと届けてもらえました。
海外では日本の全てのシステムの正確さとスピーディーさは期待しない方がいいですね
母が来てくれたときも、同じ飛行機の人とは一人だけ全然違う場所から
スーツケースが出てきていて(なんで?)空港中探しに探した、同じくローマで。

私はいつも、ちゃんと届いてねと念をかけてます。
ツアコンをしていた従姉がいて、目印になるように取っ手にハンカチとか何か
巻いておくといいよ、とむか~しに教えてもらったので、いつもそうしてました。
お守り代わりみたいなもの。

イタリア系の友人からは近くのスーツケースの人のオリーブオイルが割れて
自分の荷物までオイルでベタベタになった、とか(→日本では見かけませんが
海外では布製のスーツケースを使っている人も多い)
盗難などなど色々聞きますが、私は今のところないです。
たぶんものすごい勢いで鋭い物の上に放られたか、上から何か落ちてきたか、
何があった?というものすごい凹みは付けられてますけど・・・


春の話をしようと思っていたのに、旅の話になってしまった。



☆イタリア料理教室ジョイアご案内はこちら

☆春休み「親子で作る手打ちパスタ」は残席わずかです。ご案内はこちら


関連記事
スポンサーサイト

 Toscana トスカーナ州

0 Comments

Leave a comment