イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 トスカーナ仕込みのイタリア家庭料理を日本の四季に沿ってご提案しています

チャレンジ

まだ教室を始める前ですが、イタリアの大学の研究員さんの通訳で
大阪市内の、統合教育(→障害のあるなしによって分け隔てしない、つまり特別支援学校の対極)
の先駆的な取り組みをされている小学校の見学に行きました。

授業の見学何クラスかと、体育館で体育も見たし、一緒に給食も食べたな。
そうそう、このとき「ご飯プラス牛乳」の組み合わせをひっっさしぶりに経験し、
ありえないと思った、まずすぎて・・・
子ども達の手前、何とか飲み干した覚えが 笑



その日、いいなと思った、
何年か経った今までずっと心に留めるほどの声かけがあります。

何かをやってみようとしている子に、「そうそう、ほらほらやってみよう、がんばって!」的な
応援の言葉、励ましの言葉、これをある先生が「チャレンジ!!」とおっしゃっていました。

日本語で励ましの言葉って、がんばれ以外になかなかない。

私あまり頑張れは好きではなくて、どうしてもそれしか使う言葉が見当たらない時は使うけど、
この時いいなと思った、チャレンジを使うようにしています。
このブログでも、いつも実は意識して私はチャレンジを使うようにしてきました。
気づかれた方が、いらっしゃったか、いらっしゃらなかったか・・・?


最近大きな決断をした友人がいるので、このときのことを思い出していました。
そして挑戦していこう、という話をしました。そう、チャレンジ!



・・・その時の先生というのが、私がまだ豊中に住んでいた頃
お世話になった方の娘さんだったのです。
イタリアにも留学経験があり、以前書いた音楽家の友人アレッシオともみんな友達。
お母様から、娘さんの話は聞いていたのですが、それまで直接お会いしたことはなくて。
まさか見学に行った学校にいらっしゃるとは夢にも思わなかった。
びっくりしすぎて、叫びましたもん、この出会いには。
ありえない偶然というか、つながりすぎというか。


P1290436.jpg

前回と同じく奈良の秋篠の森で
小さな小さなぶどう


☆6月「たっぷりイタリアン」は教室初 和の食材も織り交ぜて
ご案内はこちら
関連記事
スポンサーサイト

 Parole ことば集

0 Comments

Leave a comment