イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 トスカーナ仕込みのイタリア家庭料理を日本の四季に沿ってご提案しています

Michel Bras Toya

もうそろそろこの写真の頃とは季節が真逆になってしまう~~
親戚の結婚式で行った北海道で立ち寄った洞爺湖のMichel Bras
憧れのお店でした。

何はともあれガルグイユに会いたくて洞爺湖まで足をのばしました。
ガルグイユに出会う

ブラス氏の仕事観、生き方を表すその素敵な言葉を知ったのはもう随分前、
イタリアへ行くよりもまだ前のことで、Passione 情熱とは?
この前書いたばかり。→Passione ことば集に寄せて

michelbras.png

お店のあるフランス南部ライオール地方は、ナイフ作りが有名で
日本のレストランでも、ライオール産のナイフを使っているお店はとても多いです。

P1270058.jpg

西洋では珍しく、ライオールでは一生使い続ける「マイナイフ」があるんですって。
日本人の自分のお茶碗やお箸があるのと同じ習慣。
なので、お店のナイフも、お皿ごとに変えずに、最初から最後までご了承いただけるなら
これを使いますということでした。

P1270057.jpg

michelbras2.png

P1270083.jpg

郷土料理マッシュポテト+ライオールチーズのパフォーマンス
これは他のお皿と違って素朴な。

michelbras3.png

michelbras4.png

全てが芸術作品。 (明るく撮ったつもりだったんだけど、写真が暗いのが残念・・・)
至るところに、お店のモチーフになっているアルプスフェンネルの葉がちりばめられた演出でした。
店内には小川が流れ、小石が敷き詰められまるで巨大な竹のような柱。京都?
日本店だからこういう雰囲気にしているのか質問したら、フランスも同じ雰囲気だそうです。
洞爺の自然と、似ているんですって。

あ~、、、、、幸せな1日でした。

関連記事
スポンサーサイト

 Ristoranti ecc 食べ歩き

0 Comments

Leave a comment