イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 トスカーナ仕込みのイタリア家庭料理を日本の四季に沿ってご提案しています

バランスと融合 ヨガの効用

何とも大きなタイトルですが、実は6月レッスンご報告でもあります。
もう、7月の海の日も過ぎてしまったんだけど~!!

fioridizucca.png

6月の目玉の一つはなんと言っても花ズッキーニでした。
ずーっと作りたかった一品なので、感激。
イタリア野菜川口屋さんとの出会いから実現、新しい世界が開けました。
Bellissimi!ズッキーニの花を摘みに!

私にとっては新境地を切り開けたかなと思える、6月メニュー、
アルチェネロパスタのレシピ開発のお仕事を頂いたことも一つですし、
日本の食材と地中海の融合、インターナショナルメニューを創作してみたことも一つ。

P1300218.jpg

お豆腐パスタ
これは、→よつ葉のお豆腐がおいしすぎるので考えたレシピでもあります。
チーズがお豆腐になったら、こんなにも軽いかと驚いてしまう、ゴマもきいて。

P1300321.jpg

→「身体の中が浄化される」とのご感想を頂いた、野菜たっぷりタコと柑橘マリネや

P1300326.jpg

旬の鰹のたたき×イタリアンのコラボ
たたきに合うイタリアンのドレッシングを考えました。
お家でご家族も新しい味の組み合わせを喜んで下さった方も。

P1300302.jpg


P1300303.jpg

ドルチェも!お豆腐の抹茶ティラミス。
こちらも軽~い軽い、お豆腐のやさしい味が感じられて、お抹茶と合います。

&写真の片隅にしか写っていないけれど
パスタ、ドルチェ以外の3品全てに合う、うまくつないでくれたギリシャのヨーグルトソース。
というちょっと面白い組み合わせのメニューでした!




で、ヨガの話はどこへいったのかというと、ここから。
頭を柔らかく、この融合メニューを考えられたのは、ヨガのおかげだと思っています。

実は昨年、素敵なヨガの先生に出会いました。
その出会いがすごくて、ちょうどその頃ヨガに興味があり、本を買ってみたのです。
ヨガDVDは買っても忙しくてきっとしないだろうことは分かっていたし、
どこに習いに行ったらいいかな?と思い、まずどういうものなのかが知りたかった。
すると、先生に出会ったのです。
偶然ですよ、偶然!すごくない?私のこのシンクロ。

すぐに習い始め、今で半年ちょっとです。


まず気づいたことは、いかに自分が気を緩めることがなかったか。
私の場合は、イタリアからの帰国、母の病気と死、この何年か本当に大変でした。
イタリア人の中で生活していたので、「えーっとこの場合の日本語は何だったかな?」というところからの
再スタート。絶望的でした。
日本人でも、使っていないと日本語を忘れます、使用頻度の低いものから。
20代だったので、消え去るという感じではないですが、脳の奥深くに沈んでしまう感じ。
その行為を思い出して、えーっと・・・と脳の奥から引き出すのに時間がかかった。
言葉の面なんかは取るに足らず、そもそも私の年で親の死を受け入れられる
心の準備はできていないですから。
本当にずっとバランスが取れず気を休める、気を緩めるということが全くありませんでした。


状況も難かったのですが、いかに自分が硬かったか、それがヨガを通して本当によく分かった。
ヨガの動きはポジティブで、緊張と弛緩のバランスが絶妙。
とても心地よく、身体、心、呼吸が整ってきます。
まだ数ヶ月なので、十分語れるほどにはなっていませんけど、
とても楽しく、私にとっては本当に贅沢な時間。


だから!!「バランスと融合」なのです。
やっと私自身もバランスが取れてきたかなと思えるようになった今年。
6月の融合メニューはその結果だと思います。
和にも洋にも偏らず、仲良く、けんかせず、
うまくバランスが取れたのではないかと自分では思っているのですが、
いかがだったでしょうか・・・? 自画自賛しすぎ?笑
楽しんで下さっていたら嬉しいです。


お越し下さった皆様、どうもありがとうございました。

ヨガの先生と、ご一緒させてもらっているヨガメンバーもお越し下さって、
先生ブログ→和とイタリアンのコラボ♪幸せな休日♪♪に載せて下さっています。
ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト

 Lezioni 教室はこんなところ

0 Comments

Leave a comment