イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

Deep Firenzeの会

P1320622.jpg

フィレンツェで修業されたジュエリーデザイナーの友人がいて
とってもdeepなフィレンツェ料理の会開催!
お料理を教えてもらいました。

憧れのSchiacciata all'uva
赤ワイン用のぶどうが収穫される、まさに「今」の時期にフィレンツエで作られる名物


去年私は初めて山ブドウで作ったの、赤ワインぶどうには山ぶどうが一番近いということで。
私が住んでいたのはフィレンツェから2時間くらいのところでしたが、
それでももう、これはなかった。フィレンツェのもの。
独立国の歴史が長いイタリアの特徴です。

だからイタリア時代には食べたことがなく、ただ存在は知っていたので
去年色んなイタリアのレシピを見比べ、こんなものかなというところで
作ってみたんだけど、ずっと教えてもらいたくて、やっと実現。

P1320646.jpg

肝心の山ブドウはやっぱりなかなか手に入らないので、この日は
教室でもお馴染みご近所の名物中村さんのぶどう、ユウホウ、巨峰系です。

ぶどうをちりばめて2層にします。

P1320633.jpg

これは鶏の煮込み(本来はうさぎで)

P1320635.jpg

茶色、なんだと思います?
カカオ!

もしくは、チョコレートでも作られるそう。
カカオの場合は、お砂糖を足します。
鶏のカカオ煮込み すごいな~

P1320648.jpg

珍しい日本いちじく蓬莱柿(ホウライシ)というタイプを頂きました。
それに、神戸元町→Casa di Arrecriaさんの生ハムも。
グランカレというタイプで、柑橘やバルサミコ、ワインのものすごーーーーーーーーく薫り高い生ハム。
ちょっともうびっくりする程おいしかった。
これは、ここぞというときにまた絶対に買いたい。

P1320655.jpg

日本いちじく、ぎっしり詰まっています。

P1320661.jpg

カカオ煮込み完成!
すごく力強い、体中が覚醒する強さです、久々にこんな力強い味に会った。

私、グラニャーノのリガトーニできのこパスタを作ったんだけど撮り忘れ、まあ自分の料理なので。

P1320656.jpg

Wow schiacciata 完成

P1320663.jpg

ぶどうぎっしり!schiacciataのエッセンスがとってもよく分かりました。
私イタリアのこの感じがやっぱり好き!

P1320667.jpg

これは私のりんごタルト 

しゃべってしゃべってしゃべって、
あ、食べて食べて食べてかも(笑)
食後のエスプレッソが日も暮れて5時くらい
だいたい友人が来てくれたらいつもこんな感じですけど!


とっても楽しかったですね~
さつきさん、ありがとうございました

関連記事
スポンサーサイト

 Fatti in casa 手作り

0 Comments

Leave a comment