イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 トスカーナ仕込みのイタリア家庭料理を日本の四季に沿ってご提案しています

Fallo oggi!!

P1070385.jpg

初めて通った語学学校で知り合ったとーーーーーーっても人懐っこく明るい
よく踊ってたな!そしてよく色んなもの一緒に作ってとにかくよく食べてた!
パーティーではコーラもいっぱい入ったサングリアを山盛り作ってくれて、
オリーブオイルひたひたのジャガイモのトルティーヤが懐かしい・・・

スペイン人のイザベルから昔もらった詩です。
前にも書いたことのある、私の大好きな大好きな大好きなロシアのマリア達と一緒に読んだ大切な思い出
もともとスペイン語のを彼女がささっとイタリア語に訳してくれたんだったと思う。


Se sei arrabbiato con qualcuno, e nessuno dei due
fa nulla per sistemare le cose... fallo tu.
Può darsi che oggi questa persona voglia di essere ancora il tuo amico,
e se non fai qualcosa, forse domani potrebbe essere troppo tardi.

Se sei innamorato di qualcuno, però questa persona non lo sa.... diglielo.
Magari oggi anche questa persona è innamorata di te
e, se non glielo dici oggi, può darsi che domani sia troppo tardi.

Se muori dalla voglia di dare un bacio a qualcuno... daglielo.
Forse anche questa persona vorrebbe avere un tuo bacio,
e se non glielo dai oggi, può darsi che domani sia troppo tardi.

Se ami ancora una persona e credi che ti abbia dimenticato... diglielo.
Forse questa persona ha sempre continuato ad amarti,
e se non glielo dici oggi, forse domani sarà troppo tardi.

Se hai bisogno dell'abbraccio di un amico... chiediglielo.
Magari lui ne ha bisogno ancora più di te,
e se non glielo chiedi oggi, forse domani sarà troppo tardi.

Se hai degli amici che apprezzi veramente...diglielo.
Forse anche loro ti apprezzano, e se lasci che se ne vadano,
o che si allontanino da te, forse domani sarà troppo tardi.

Se vuoi bene ai tuoi, e non hai mai avuto l'opportunità di dimostrarglielo... fallo.
Oggi sono lì con te, e puoi ancora dimostrarglielo, ma se se ne andassero...
domani potrebbe essere troppo tardi.


Fallo oggi: forse domani potrebbe essere gia' troppo tardi.....



fallo oggi とは、今やってみて!直訳は、今日やりなさいという命令形

また訳したいなと思いますが、内容を簡潔にいうと
「愛情の出し惜しみをしないで」
「今日、それをして。明日ではもう遅すぎるかもしれない」

したいと思っていることがあるならそれを行動に移し
言いたいと思っていることがあるなら大切な自分の周りの人に伝えること。


最近何人かの友人と、また教室にお越し下さっている方々と話をしていて湧いてきました。
全く別の場所でそれぞれ違う話をしていたのに、前を向いて生きている人には共通する点があって。

私の今年のテーマは頭をやわらかく、心をオープンになので。
今年の最初に思っていたわけではないけれど、進んでいくうちに見えてきた。
頭をやわらかくは特に創作メニューに携わらせていただく場で意識していました。
そうでないと新しいアイデアは浮かんでこない。
心をオープンには、普段沢山の方に出会うので、できるだけ色んなことを受け入れられる
状態でいたいなと思っています。
自分に余裕がないとできないことなので、自分、身のまわり、家の中、全ての巡りをよくすることが大切。

いい巡りを作り出していきましょう!
ありがとうと思っていることや、すごいなと思っていることがあるのなら、それを伝えてくださいね。



写真は詩とは全然関係ないけれど、Firenzeでミケランジェロ広場に向かう途中の景色から
先日さつきさんにフィレンツェ料理を教えてもらったこととか、
夏にイタリア旅行をされた方がいて、イタリア語の挨拶とか、一緒に練習したんですよね。
フィレンツェに滞在されて、もうすぐそのご報告を聞けるので、お帰りなさい&楽しみの意味をこめて


関連記事
スポンサーサイト

 Parole ことば集

0 Comments

Leave a comment