イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

組み合わせ無限大!11月はPiadinaを焼こう!

来月メニューのお知らせです。
11月15日には、夏に作ったマイワインのシャルドネが完成することもありワインに合うお料理の数々。
そして、なんとも早く今年の搾りたて新オリーブオイル第一弾がイタリアから到着予定です!
Che bello!! ワイン&オイルのNOVELLOとともに楽しみます。
今回はイタリアのバールメニューの定番、ピアディーナを焼きます。
フライパンで簡単に焼ける上に食事の塩味系とも、甘いドルチェ系とも合う。
様々な組み合わせで頂きましょう。

・Insalata con prosciutto crudo e kaki di casa mia 生ハムと我が家の柿のサラダ
・Olive all'ascolana オリーブの実の肉詰め アスコーナ
・Cacio e pere カーチォ エ ペーレ チーズと洋梨
・Piadina con vari gusti sia salata sia dolce ピアディーナ 各種

&Vino novello Chardonnay nostro e caffe' ワイン(新ワインは15日以降のみ) 食後のエスプレッソ


・生ハムと我が家の柿のサラダ

P1330311.jpg

うちは富有柿の木があり、去年は虫にやられて不作、一昨年も豊作だったので
沢山の方にお土産に持って帰って頂きましたね、
今年はまた豊作、甘くおいしく色づいてきましたので、生ハムと合わせてサラダに。
2015年の搾りたて!新オリーブオイルをさらりとふりかけて。


・オリーブの実の肉詰め アスコーナ

P1050705.jpg

これは美味!「止まらない系」です。
オリーブの実の中にミンチで作るフィリングを詰めてフライに。
作業は皆様のご想像通り細かいのですが・・・作る価値ありです。


・カーチォ エ ペーレ チーズと洋梨

P1330310.jpg

トスカーナの秋の前菜の定番、「塩気&甘味」の甘美な組み合わせのうちの一つ。
チーズのコクと塩気に甘くとろける洋梨を食べて、ワイン片手に。いいですよ~
甘みの強い熟成とろみ系のバルサミコをかけてもOK。


・ピアディーナ

P1330265.jpg

ピアディーナを焼きましょう!

piadinanov2015due.png

これがピアディーナ、薄いのでフライパンで簡単に焼けるのが嬉しいところ。
伝統的なレシピではラードを使いますが、血管が詰まるので(もちろん常用した場合の話です・・・)
私はオリーブオイルで作ります。

piadinanov2015.png

組み合わせはお好みで無限大。
定番はハムとチーズ、お好みの野菜とチーズでもおいしいし、
イタリアへ行かれた方ならきっとバールでくるくると巻いたルコラとハムの組み合わせを
見かけられたはず。もともと、エミリアロマーニャ州の名物です。
薄焼き卵やゆで卵と野菜にハムでも。

二つ折で包んでいるタイプは、最近ジャム病なくらい作っていた、自家製紅玉ジャムを合わせています。
ベリーでもイチジクでも、カスタードでも・・・お好みでどんな種類でも。

P1330305.jpg

E' una bomba!!! これはかなりの爆弾系。
マスカルポーネにバナナ、上からNutella ヌテッラ、イタリアの定番チョコとヘーゼルナッツのクリームをかけて。
ま、カロリーを抑えようと思ったら、マスカルポーネよりもリコッタをはさむ方がいいですけれど。

・・・と色々な味で楽しもうと思っています。もちろん量は、皆様お腹と相談して下さい。
小さいサイズをたくさん焼くか、一つの味をみんなで分けて色々食べるかのどちらかにします。


〈11月たっぷりイタリアン・レッスン日程〉

11月4日(水)(満)・5日(木)(残席1)・8日(日)
10日(火)・11日(水)(満)・12日(木)(残席1)・19日(木)・20日(金)(残席3)・22日(日)(満)
24日(火)(残席2)・25日(水)(残席1)・26日(木)(残席1)・28日(土)・29日(日)

時間:11:00〜14:30頃まで
レッスン費:¥4,500
人数:各回2名~4名様まで
持ち物:エプロン・ハンドタオル

キャンセルについて:やむを得ずキャンセルされる場合は、
食材準備の都合上ご予約日の2日前よりキャンセル料を頂戴致します。
下記教室ご案内ページにて必ずご確認下さい。

☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなど教室情報こちらをご覧下さい

☆参加お申し込みこちらのフォームより

☆ご質問・お問い合わせこちらのフォームより


皆様のお越しをお待ちしております!




関連記事
スポンサーサイト

 Menu' たっぷりイタリアンメニュー

0 Comments

Leave a comment