イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

山ぶどう仕事 その2

P1320860.jpg

今年の私の山ぶどう仕事 この前に引き続き 


P1320818.jpg

甘ずっぱい山ぶどうをジャムに。
この小粒のおいしさには恋してしまいます。
もう今年の旬は終わっているので、また来年どこかで買われることができたらぜひおすすめ!
なかなか手に入りにくいけれど…私はよつ葉で買いました。
この前から登場している、友人のさつきさんはなんと自宅で栽培されてます~


少しやわらかくなるくらいまで火を入れて

P1320824.jpg

つぶす

漉した果汁にお砂糖を入れて煮詰めます。
去年、どのくらい煮詰めたらどのくらいの濃さになるのかがいまいち分からず、
2段階で2種類作ったら、冷えると思いのほか固まったので、今年は煮詰めすぎないように
煮詰めすぎないようにと思って作っていました。
もちろんそれもおいしかったんだけど。

そう思いすぎたのか、今年はゆるめ。
フルーツソースのようになってしまった。
ヨーグルトと合わせるには、いいかなぁ?

P1320842.jpg

たくさん出る搾りかす イタリア的な考えでは絶対に捨てるはずないの。
日本のおからと同じ。グレープシードオイルができるくらいだし。

今年は、スローフード協会のレシピで、トスカーナのぶどうのしぼりかす煮込みを
見つけたので、豚肉、ソーセージと一緒に煮込みました。
本当は、ワイン用に発酵した後の搾りかすを使うのだけれど、さすがにそれは無理なので
生の搾りかす+赤ワインでまあそれなりになる。

P1320845.jpg

ぶどうの酸味が加わって、かなりさっぱり

何よりも山ぶどうは滋養がいっぱい、体にいいので、薬的に丸ごと頂きます。

P1320861.jpg

ジャムと、前回載せた私の憧れだったSchiacciata all'uva と!!
今年はほんとのSchiacchiataを教えてもらえたので、嬉しかった
山ぶどう満喫コースのおかげで、元気いっぱいです。




☆ジョイアの教室ご案内はこちら

☆お待たせしました!11月メニューをアップしました。 ご案内はこちら




関連記事
スポンサーサイト

 Fatti in casa 手作り

0 Comments

Leave a comment