イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 トスカーナ仕込みのイタリア家庭料理を日本の四季に沿ってご提案しています

マイワインの完成延期について

P1330220.jpg

8月の輝く太陽の下ぶどうを摘んだ日からあっという間に3か月

私たちがワイン作りを体験させてもらった→飛鳥ワインさんのぶどうの木々も見事に紅葉しています。


実は、10月の末に私ワイナリーを訪れたんです!
企画者としてはやっぱり現地に足を運び、ワインの出来具合事前にチェックしておくくらい、当然でしょう!?



・・・うそです(笑)
予定があって、飛鳥ワインさんへ行ったので、マイワインの熟成具合も見せてもらってきました。

P1330100.jpg

私たちが仕込んだシャルドネのワインのもと、そのまま熟成して下さっています。


これ、爆笑した

P1330098.jpg

他のグループのタグは皆さん名字で書かれていましたが、
うちのチーム、ジョイアでもアサノでもなかった・・・
近づいてよく見ると

Team Italy


ああ、確かに(笑)
イタリア人一人を含む、メンバーほぼ全員バイリンガルというインターナショナルチームを
結成しましたのでそのとおり!
私が書いたんじゃないよ、たぶん仕込みを手伝って下さったスタッフの方。



本題に入ります、私たちのワイン、10月末のこの時点でも発酵がゆっくりなのだとお伺いしていたのです。
今週末11月15日が完成予定日だったのですが、それに間に合うか様子を見ますということでした。

今月に入り、飛鳥さんから何度か状況をお伺いしましたが、やはりまだ発酵途中とのこと。
ワインの発酵が自然に止まれば完成なんだそうです。

熱を加えたり、亜硫酸塩を添加すると強制的に止められるそうなのですが、
それはせっかくの手作りワインなので、私の教室の趣旨にも反すると思いますし
とても残念に思いました。

参加したメンバーもありがたいことに皆さん同じ思いでしたので、15日の完成は見送ることに決定いたしました。


新ワインありきで11月のメニューも考えたのでとても残念ですが、完成を楽しみに待ちたいと思います。
ワイン作りには参加できなかったけれど、これを楽しみにご予約下さった方々もいらっしゃいますので、
本当に申し訳ございません。

自然の産物ですので、どうかご了承下さいますようお願いいたします。




Team Italy の皆さんからのご意見の一部、嬉しかったので載せます

●生き物だから、しょうがないですね~
ゆっくりでもおいしいワインになってくれることを祈って待ちま~す

●せっかく一から作ったワインですから、じっくりと時間をかけておいしくなってくれるのを待つのも
楽しみの一つなのではないでしょうか*

●せっかくぶどうの収穫から手作業でやりましたし、自然に任せて出来上がりを待ちたいです!


でももっと嬉しかったのは、みんなが他のメンバーの意向に合わせるとおっしゃって下さったことと、
皆さんそれぞれのご都合があるので、と他の方の予定の心配をして下さったこと。

イタリア時代から憧れていたワイン作りをこんなメンバーで作れて本当に良かったなと思います。



予定を変更してしまい、沢山の方にご迷惑をおかけし、申し訳ありません。
おいしいワインになってくれることを願って、どうか気長にお待ち頂けますと幸いです。

P1330154.jpg

飛鳥ワインさんのぶどう畑で
こちらはできたてロゼのスパークリング



関連記事
スポンサーサイト

 Novita' お知らせ

0 Comments

Leave a comment