イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

リボン熱

P1330520.jpg

寒くなって、手袋の季節がやってきました。
素敵なGuanti
フィレンツェのお土産に頂きました。

「どうして今私がリボン大好きって分かったの?」と聞いてしまったくらい
どんぴしゃすぎで頂きました。
ものすごいシンクロだな~
びっくりする。
「似合うと思います」と。ほんとに嬉しいです。


教室の日には着ていることがないけれど、リボンのモチーフは昔から好きで
ワンピースとか、ニットでもあるし、昔イタリアで買ったスカートもそうだし
ウエストできゅっと大きく結べるタイプが、もともと好きでした。


最近のリボン熱のきっかけは、母の靴から。
母の遺品の整理、時間のあるときにしていて、
黒のリボン付きのパンプス、「お母さんこんなかわいい靴持ってたんや!」と思ったことがきっかけ。
まず古いし、サイズも合わないのではけないけど、そのイメージから
リボンの靴が私もほしいな~と、ずっと探していました。

そのタイミングで頂いたのでほんとにびっくり。
フィレンツェのアンティークショップで見つけて下さったそうです。

P1330522.jpg

しかもこのバッグがかわいい。
手書きのタグがついていて、ここに入れてラッピングして下さったそう。
+ここにリゾット用のお米も入れて下さいました。
ああ、、、さぞかしスーツケースの中で1キロのお米は重かったやろうに。
いつも荷物とは格闘していたので、ほんとによくわかります。


同じく昔、フィレンツェで買ったスエードの大好きなブーツがあって、
それがベージュとカーキの間くらいの微妙な色。
そのブーツのこともご存じなく、このグリーンを選んで下さっているので、
これもなんでわかったの?色がぴったり。



ちなみにブーツは、安いですよ。
ロングブーツが100ユーロ以下で買える、1月の冬のバーゲンのときだったけど。
そして、イタリアの店員さんの接客が好き。
まあ、いろんな人がいるけれど、私の雰囲気、持ち物、身に着けている色を見て
的確にアドバイスしてくれるから。
髪の色まで見て、この色の方が合う、と言ってくれる。


イタリアの友人からのプレゼントもそう。
割りと服やらストールやら身に着けるものを沢山もらいましたが、
なんでこんなに私の好きな色知ってるの?というほどセンスがいい。
やっぱり、よく見てくれているし、もともとの美的センスが良いし
私の髪の色にはこれが似合う、という選び方をしてくれます。
日本ではほぼみんな黒髪でこげ茶系の目なので
そんな風に言ってもらったことがないけど、向こうはみんな違うので。





ご旅行中の限られた時間の中で、ほんとにありがとうございます



関連記事
スポンサーサイト

 Quotidiano 日々のこと

0 Comments

Leave a comment