イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

イタリアの地方菓子

先日、「心ときめく本との出会い」があったと書きました。
それがこれ!

CIMG6426.jpg


カントゥッチやティラミスなど、イタリアの定番のお菓子の
レシピが26種、その歴史とともに。
そしてイタリア中の老舗カフェなど名店のお菓子紀行。

パラパラっとめくると、イタリアが香り立つ!!
なんとも、イタリア好きにはたまらない本です。

本文より引用
・・・南北に長く、ヨーロッパともアフリカ・アラブとも接する国
イタリアのお菓子は、まことバラエティに富んでいて面白い。・・・

そうそう!!
初めて訪れる町へ行く度に、ショーウィンドウに並んでいる
お菓子が全く違うので、見て歩くのが本当に楽しかった。


監修のお1人がルカ・マンノーリ氏
トスカーナ州プラートにあるパスティチェリアの名店マンノーリのパティシエ。
前々回の梅田阪急イタリア展にチョコレートで出店されていましたよ。
もしかしたらイタリア展でお店に出会われた方もいらっしゃるかもしれません。


昔、友人が修業していたお店で、一度プラートまで
足をのばし、お店にお邪魔したことが。

「よく来たね」と、厨房中を見学させていただき、
お菓子も「どれがいい?」とたくさん食べさせてもらった
美味しい&楽しい&うれしい記憶が。

日本では、従業員の友人にそこまでしてもらえるかしら?
ほんとに、私はイタリアのこういうところが大好き。


そんなルカ氏との思い出と、本から香り立つイタリアに
誘われてすぐに購入。
先月出版されたばかりです。

イタリア好き、イタリア菓子がお好きな方はぜひ手に取ってみて下さい。
「Dolce! イタリアの地方菓子」世界文化社
監修:ルカ・マンノーリ氏 サルヴァトーレ・カッペッロ氏


写真の左は、ジャム。
マンノーリ来店時に買った大切な物、あまりに大切にしすぎて未開封・・・
「洋ナシとアールグレー」のジャム。

美味しいものすぐ開封できますか?

日本で手に入る物なら簡単に開けるけど。
でも買ったのに見てるだけは、かなりもったいないけど・・・!



イタリアFoto。今年のお正月イタリア、ある日の昼食後のドルチェ!
Dulcis in fundo. ラテン語:甘い菓子は最後に

CIMG4175.jpg


☆イタリア料理教室ジョイアのご案内・アクセスなどはこちら

☆4月のご予約受付中「たっぷりイタリアン」メニューこちら

☆4月より新クラス開講「おうちでイタリアン」メニューこちら

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

 Italia イタリア話あれこれ

2 Comments

kaory  

こんばんは♪
見てるだけでわくわくする本ですねぇ(*^^*)
本屋さん探してみよう☆

わたしも直ぐには開封出来ません!!笑

2012/03/25 (Sun) 21:09 | EDIT | REPLY |   

Etsuko  

Re:

kaoryさま

コメントありがとうございますe-343

レシピは、プロのパティシエのものなので、例えばティラミスなんかでも一般家庭で作られているものよりは材料も行程も複雑だったりしますが、読み物としても面白いですよ!
トリノのカフェやチョコレートについても詳しいし、フェスタのときの特別なお菓子なんかも載っています。
写真もきれいで、イタリアに行きたくなりますよ。

良かった、瓶がすぐ開封できないの私だけじゃなくって(笑)

2012/03/26 (Mon) 13:46 | REPLY |   

Leave a comment