イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

心の栄養

P1340330.jpg

引き続きルーシー・リー展から

これはルーシーの陶器のボタン
エレガントなものから、素朴なもの、遊び心のあるデザインまで


P1340334.jpg

私はなんと言ってもルーシーのピンクが大好き

淡い淡いものから、濃厚なピンクまで

あと、ルーシーも「スパイラル」文様をたくさん作っていました。
色の違う粘土を混ぜ合わせて作るというもの。
「スパイラル」は、自然の摂理、今とっても心に響くキーワードです。

イタリアのワイナリーDi filippoさんとお会いしたときの、バイオダイナミックの話題にも出てきています。
この記事の後半
ウンブリアのワイナリーDi Filippoさんを囲む

ルーシーが自然の摂理を表現したのか、色の妙に魅せられたのか、それは分からないけれど・・・



やっぱり魂のこもっているものには、心をつかまれて、揺さぶられます。




先日の教室で、ある話から「心の栄養」という表現をして下さった方がいて、
ああ、とってもいいこと聞いたなと思っていました。


うちの母も美術館巡りが好きで、子どものころ、女性が肘にバッグをかけて持っているのが
頭にあたるくらいの小さいころから・・・よく連れて行ってもらっていました。
母に言いましたもん、「かばん頭に当てられるから嫌や」って。

自分でもよく分かる年齢になり、特に大学時代以降もちろん私も好きでした。
でもイタリアから帰国してからは仕事もずっと掛け持ちしていたし、
同時に「母の死」というのも若くして受け止めないといけなかったし、
さらに教室を始めてからはそんな時間はもっと取れず、
やっと去年、そういう時間を作ろうと思って動き出せたのは。


このカテゴリーも、私アイデアの素としているけれど、
アイデアの素であり、心の栄養でもある。

心をオープンにして吸収したものが、栄養となり、生活や仕事に反映され、私の周りの人に伝わり巡っていく。
栄養になるのは食べ物だけではないよね~




ルーシー・リー、関西では終了してしまって、ただいま郡山
その後静岡を巡回されます。



関連記事
スポンサーサイト

 Idee アイデアの素&考え

0 Comments

Leave a comment