イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

1月レッスン終了しました

lasagnegen2016.png

皆さんとにかくLasagneを楽しみにして寒い寒い中お越し下さった1月レッスン

私は、ラザニアのパスタ下茹でタイプを使います。これの方がおいしいよ。

以前作った、定番のミートソースもご馳走感たっぷりでいいのだけど
ミートソースが入らないタイプ、野菜とホワイトソースとの組み合わせなんかもイタリアにはたくさんある。

サルシッチャとポロネギは相性抜群!
ご自宅で早速作られて、お子さん達が大喜びして下さったともご報告頂きました。
冬のアツアツ、グツグツ焼きたてをみんなで頂きました。

あ、そうそう
このオーブン皿がとってもいいね!とおっしゃって下さった方が多く
以前の記事 買ったばかりの頃、こちらです
Lasagne×Appoliaのお皿

この優しいピンクがかった白が心なごむし、とにかく分厚く熱伝導がいいのでよく焼ける。
もちろんお料理も冷めにくいです。

lasagnegen20162.png

ラザニアにボリュームがあるので、ドルチェなしの野菜多めで。
白インゲン・・・ものすごーく地味なんですが、しみじみとおいしいのです。
特にお肉の付け合わせにね。
イタリア人が普段家庭で食べているのはまぎれもなくこういうもの。
うちにお越し下さっている方々はこういうお料理の良さを分かって下さる方ばかりなので、
私は本当に幸せだなぁ~思います。

レモン香る鶏の胸肉も、ぜ~んぜんパサつかない。


ただ、今年はやはり暖冬で1月中旬まで、気温が下がる前のほうれん草やブロッコリーの味が
いまいちだったので、これは残念でした。
霜がおりなかったのだもの、仕方ないですね。
シンプル調理だから素材の味がそのまま出るからね・・・

P1340876.jpg


P1340702.jpg

Grazie mille!!!
プロヴァンスに行かれた方からフランスの香りを頂きました。
そして貴重なシチリア・モディカのチョコレート 
現代の口どけなめらかなチョコレートになる前の時代の作り方が今も大切に受け継がれています。

教室でもいつも人気のナツメグのホール
イタリアやフランスでは小さなおろし金付きで、便利
私が普段使っているのはこれ、→DrogheriaのNoce moscata

P1340703.jpg

オリーブオイルかと思いきや、あぁなんて贅沢な、トリュフ塩でした。
2月の手打ちタリアテッレにシンプルに合わせたら最高だろうな~

P1340705.jpg

ミックスの毛糸で、なんとこれは手編みの手袋を作って下さいました。
本当にありがとうございます。
指が出るタイプなので、何か作業しているときにも使えます!さすが!



皆様1月の寒い中お越し下さってどうもありがとうございました




関連記事
スポンサーサイト

 Lezioni 教室はこんなところ

0 Comments

Leave a comment