イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

Bordier 海藻入りバター

P1370238.jpg


いとこのYOKOちゃんからフランスのお土産をもらいました。

ブルターニュで3日間かけて成型まで全て手作業で作られるという三ツ星シェフ愛用のバター

Bordierの海藻入り



P1370243.jpg

Algheが入るとは驚き。
ナイフを入れると、ホロっ、サクっ、とスッパリ割れてしまいます。


パンに塗るというよりは、かけらを乗っけて。

かなり塩がきいていて、海藻ミックスのほんのり磯の香り、これは濃厚。

パンがすすんですすんで困ってしまう。
バゲット1本軽くいけるくらいの味わいです。
ワイン好きな方にも!


YOKOちゃん曰く、ブルターニュでは海藻をお茶やジャムに使うこともあるそうです。
ナポリのzeppole(ピザ生地のフライ)に海藻入りがあるというのは、
(現地では食べてないんだこれが、トスカーナにはないから)
日本のイタリアンで知ったけど、海沿いの町ではやはり食べることがあるんですね。
海藻を食べつけないから消化酵素自体が存在しないという話も聞きますが、
食用されているということは、海の民は大丈夫なのかな。

近年の健康志向で、イタリアのハーブ薬局系のお店には、私がいた頃でも
ドライの「海藻」は販売されていました。
一般的ではありませんでしたが、最近ならもう少し普及してるかも。


Bordierのバターは、有塩、無塩、燻製塩、ゆず、バニラ、唐辛子・・・・まるでチョコレート
なんていうフレーバーも。
星付きシェフなら、○○と合わせて、と刺激されるんだろうな。

これは心して頂かないと!


P1370245.jpg

チョコレートも。

Cyril Lignac氏というスターパティシエのチョコ専門店からですって。

なんとこちらはセサミ&グリーンティーのフレーバー カカオ61%
こちらも、体をすべて味覚にして!?頂こうと思います。

Lignac氏のサイトを調べてみると、ummmmmmmm FOTOが素敵でひきこまれるよ


Lignac氏のパティスリー

Gourmand Croquant お料理とお菓子を含めたレシピ集


フランス語のページだけど、写真が素敵すぎるのでぜひぜひ!



関連記事
スポンサーサイト

 Parigi フランス・パリ

0 Comments

Leave a comment