イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 トスカーナ仕込みのイタリア家庭料理を日本の四季に沿ってご提案しています

イタリアの友人に習う料理教室!

P1360734.jpg

「夢の競演」とご案内させていただいた通り、私のイタリア時代の友人に習う料理教室を開くことは
ずっと願ってきた夢の一つでした!

楽しかったCuciniamo con gli italiani!! こんな雰囲気でしたよ~

italiani2016.png

トスカーナの南、グロッセートの赤と最近Alessandroのお姉さんの結婚式で飲んで美味しく
おすすめだからと選んでくれた同じくトスカーナPitiglianoの白
トスカーナ名物デザートワイン、なかなか日本では入手が難しいVin Santoを持って来てくれました!

包丁は、普段は刃を私たち側に向けることはありませんが「日本の包丁 いいね!」という彼らのセンス(笑)

まあそれにしても3人で準備すると朝も早い早い。そして仕事が美しいことなんのって。
建築家が二人そろうと、その美意識と美的センスは素晴らしいです。

P1360766.jpg

しかも今回、なんとNONNA PAPERAも持ってきてくれました~!
私、いつも麺棒派なので持ってなかったんですよね。

Nonna Paperaって・・・・何?って、私も聞いた。
「あひるのおばあちゃん」という意味なのです、まさかパスタマシーンとは似ても似つかない。
あひるというのは、あのドナルドダックのことで、ドナルドのおばあちゃんだそうです。
料理好きで、いつもお料理シーンに出てくるから「パスタマシーンのことはノンナパペラって言うんだ!」そうです。
イタリア時代にも、あまり身近になかったので、今回初めて知りました。

italiani20162.png

大量のセロリと・・・6本くらい買ったかな。
アスパラも、おそらく50本くらいあったのと違いますか・・?

italiani20163.png

アスパラとリコッタのラヴィオリ フォークで閉じていくのはMarciapiedi(本来は歩道という意味)
「うちのおばあちゃんは、日曜日に1週間分のパスタを作ってたよ~」なんていう話も。

italiani20164.png

トスカーナの羊のチーズ ペコリーノと
パスタにはパルミジャーノたっぷりの濃厚なソース ここにもアスパラを

P1360830.jpg

最後の大仕事 アクアコッタの仕上げ 
これはトスカーナの南の伝統的な野菜スープ パンも半熟卵も入って「スープ」の概念が覆されるほどボリュームたっぷり
スープとパンを何層にも重ねていきます。
できた!ここにもパルミジャーノが降り積もるほどたっぷり

13102666_10207707722623618_1181603077263343718_n.jpg

13138829_10207707719503540_2147798392829660081_n.jpg

いかのニョッキ グリーンピースのソースにパンチェッタを添えて

P1360797.jpg

手打ちアスパラのラヴィオリ アスパラとパルミジャーノのフォンドゥータ

P1360809.jpg

魚介のスープ トスカーナの南アルジェンタリオ風

P1360841.jpg

アクアコッタ

13177206_10207707723303635_7032101836183386834_n.jpg

実はお菓子も作るつもりにしてくれていたのですが、通訳しながらの進行で
手打ちパスタもあり、それは時間的に絶対に無理、と買ってきてもらいました。
トスカーナの名物カントゥッチ、先ほどのVin Santoに浸けながら頂くのがトスカーナ流。

本当にサービス精神旺盛で、講師二人でしたし、
あれも作ろうこれも作ろうとすごく沢山準備してくれていましたので、
かなりの作業、なかなかのボリュームでしたね。
お越しくださった皆様、ついて来て下さって本当にどうもありがとうございました。


次回は、もう少しシンプルな、工程の短いもので、もうちょっとゆっくりとみんなで話す時間が
取れるようにしたいな~と思っています。
また、ぜひリクエストしてくださいね!


笑えるのは、「お菓子も作りたい」以外にも実はイタリアから、「トスカーナのパン」
そう、イタリアの中でも唯一の「塩なしパン」を食べるのです、
も、持ってくるつもりでいてくれたこと。
白い皮(日本では茶色い外側の皮が白いものがイタリアにはあります)の玉ねぎも
持って出国するつもり満々いてくれたこと(面白すぎる)

いやいや、生もの、野菜・・・しかも玉ねぎ山盛りはさすがに空港で止められると思う(笑)

そして、開始の11時10分前くらいに、メンバーが全員集まったことに驚いていた彼ら。
これ、確かにイタリア人の普通の感覚です(笑)
だいたいイタリア(トスカーナやローマあたり)なら、11時と言ったら、11時半頃にそろそろみんな集まりだすかな、というところ。
南に行くと、おそらく12時ころでしょうね、どんどん遅くなる。
ミラノやらトリノ、北の方の人なら、もうちょっと早い・・・?かな?
ま、もちろん人によりますけどね。



という楽しいItalian Dayでした!
私は彼らとのレッスン、上半期かけ準備してきたので、ほっと一息。
2016年下半期も、がんばりま~す。


関連記事
スポンサーサイト

 Italiani イタリア人に習う

0 Comments

Leave a comment