イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 トスカーナ仕込みのイタリア家庭料理を日本の四季に沿ってご提案しています

Cantina Di Filippo

Ciao a tutti dall'italia!!

今回のイタリア滞在では友人の結婚式の前に、ワイナリーやらオリーブオイル生産者さんを訪問してきました。

昨年の秋に、ワイナリーDi Filippoのロベルト氏とお会いしたスペシャルな機会についてご紹介しました。
ウンブリアのワイナリーDi Filippoさんを囲む

ずっと私が興味を持ってきた、バイオダイナミック

有機栽培の中でも、バイオダイナミックを実践されている方から直接お話を伺えただけでも
感動的だったのに、なんとワイナリーを実際に訪問させて頂く機会に恵まれました!
しかもこんなに早くに。

difilippo.png

ロベルト氏に、「次回イタリアに行く機会があればぜひワイナリーを訪問してみたい」と
半分冗談で挨拶したのですが、こんなにすぐに叶うとは思っていませんでした。

写真の一枚一枚が特別なので、こんなにリサイズしたくはないのですが
あまりにも数が多いので

difilippo2.png

私が行ったのがまた特別な日で、お昼に60人規模、夜に100人規模のフェスタのある日

ワイナリー見学、試飲ももちろんさせてもらいましたが、なぜか初めて訪れた私も
けっこう色々な裏方のお手伝いまでしてしまいました。

P1380051.jpg

Nonna大好き、素敵な方でした! そしてこれは15キロの特大スイカ

ちなみにパスタ、これはお昼分で合計6キロ、アマトリチャーナでした。
お肉のグリルがあり、私はこのお昼ご飯だけで、夜までお腹いっぱい、晩御飯要りませんでした(笑)

difilippo3.png

私もなんと馬車に乗せてもらいました!初めての馬車。
地平線の見えるウンブリアの大自然の中
普段大阪でどれだけ息を吸っていなかったのか・・?ここへ来てやっと呼吸ができたと思えました。



心ある作り手さんは、「いい土づくりから」と皆さんおっしゃるのですが、
それはもちろん、今回は、それだけでないことが分かりました。

Di Filippoのワインがどれだけおいしいかは、教室の常連さんはよくご存知ですね。
昨年秋にロベルト氏にお会いした際のことも詳細にお知らせしたとおり。
おいしいワインは、良い土と、良いぶどう、何よりも忘れてならないのは「健康な人」から生まれていること。

その人の思いというのは、やはり作られるものに大きく影響し、心が反映されます。
そしてそれはどれだけ離れていても、イタリアから日本に届いても、確かに伝わるということ。

ワインが生まれる場所を実際に見ることができ、こういうことを感じられただけでも
今回イタリアに来た価値があると思えます。
やっぱり、「人」です。

(ぶどうの皮とどのくらいの時間接触していて、ステンレスor木樽でどのくらいねかされているか・・・よりも大切だと思う、
もちろん醸造の技術なしには語れないので、いうまでもなくこちらも大切なのですが)


私の言う「健康な」とは、単に体の調子についてだけではもちろんなくて、
たくさんある選択肢の中から、自分の目指す方向へ続く必要な道を選び取れる人、
その道を切り開き進んでいくパワーと勇気と情熱のある人、
良いものをつくりたいという思いのある人、
トータルで、バランスの取れた人、そういう人なのではないかな?と思います。
そしてそういう人が国境を軽々と飛び越して、世界を舞台に活躍できるのではないでしょうか。



今回、こんなに素晴らしいご縁を頂き、私がワイナリーDi Filippoさんを訪問できたのは、
Di Filippo さんのワインの輸入元、
昨年ロベルト氏との交流会を開いてくださった
いつもお世話になっているよつ葉⇒関西よつ葉連絡会のスタッフの皆さんのおかげです。
ありがとうございます。

P1380231.jpg



関連記事
スポンサーサイト

 Umbria ウンブリア州

0 Comments

Leave a comment