イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 トスカーナ仕込みのイタリア家庭料理を日本の四季に沿ってご提案しています

Bomboniere イタリアの引菓子

P1400119.jpg

今回の友人の結婚式で頂いたBomboniere ボンボニエーレ引菓子

今回一番大切に手荷物で持って帰ってきました。
この美しいプレゼントは、大事すぎてスーツケースに入れようとはとてもじゃないけど思えなかった。

パッケージのお花の絵は、お母さんの手描きなんです。
何よりも心のこもった贈り物、そして「本物」、歴史が違うもの。

P1400122.jpg

中身は、Confetti イタリア語では、コンフェッティと呼ばれる砂糖菓子
日本では、フランス語の方のドラジェと呼ばれていますね。

起源はなんと古代ローマ時代に遡るそうです。
この5粒が、幸福、健康、富、子孫繁栄、長寿を意味するんですって。
外側がお砂糖で、中はチョコレート。
イタリアでは、結婚式や、こどもの誕生、洗礼のお祝いに贈られます。


披露宴の会場で頂いたものもあって、そちらはもう少し大きな卵型で、
中にアーモンドが一粒、シャンパン、チョコ、ミント、ベリー、ピスタチオなどなど・・・
色んなフレーバーで包み込まれていました。




イタリアの知人で、ボンボニエーレ屋さんを営む子がいるんです。
これはまだイタリアに住んでいた頃の写真

bomboniere3.jpg

こういうところにも、やっぱりイタリアの美意識が感じられますね。
これはもう、「アート」だと思う。
ボンボニエーレは、ほんとに美しいのです。

お祝いの機会や好み、季節などに合わせてありとあらゆる種類のパッケージがあります。

bomboniere2.jpg

これ全部、手作業で包んでリボンも一つ一つ結んでいくんですよ。

bomboniere.jpg

こうやって籠に盛られた姿は圧巻

(当時まだいいカメラを持っていなかったので、今ならフラッシュを使った写真は撮らないんだけど・・・)



確か、ボンボニエーレの見本市がナポリであるので、ナポリまで見に行くのよ、という話をしていました。



P1400125.jpg

家族や親戚、8月中に会えた大切な人達で、幸せのおすそ分けを頂きました





関連記事
スポンサーサイト

 Italia イタリア話あれこれ

0 Comments

Leave a comment