イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 毎日の暮らしの楽しいスパイスになるお料理を召し上がれ!

憧れのLe Petitmec

P1370701.jpg

ついに!⇒Le Petitmecの本店、通称赤メックへ

御池の黒メックへは行ったことがあったのですが、赤メックは京都でも御所の北側になるので
遠いからなかなか行けず、ついについに。

御池でも、「ここはフランス!?」と思った私(笑)


このお店は、関西在住のフランス人からも一目置かれる存在・・・
とは、パリ帰りの私の従妹のYOKOちゃんの話

前からずっと行ってみたかったんです!

真夏だったにも関わらず、この、クリームにはやられました。

P1370697.jpg

Pranzo 友人と半分こして

ハード系のパンが充実していて、「小麦の風味」がしっかり楽しめます。
京都で買って、大阪へ帰るまでずーっと香ばしい小麦の香りと一緒にいられるようなバゲットって、
他にはなかなかないです。


この日は、ちょっと前の話になりますが、いつもお世話になっている
la cucina italiana UEKIさんが、祇園祭に特別出店されていたのです。
秋の風が吹いているさ中、「祇園祭」の頃の話題ですみませんが(笑)
イタリアにいたから、その頃の話が抜け落ちてます。
京都に行った機会を生かして、赤メックにも寄ったの。
しかもこの今出川の赤メックは週末しかオープンしていない!

P1370737.jpg

ウエキさんが京都の老舗柳桜園さんのお抹茶を使って作られたスペシャルなPasta di mandorle

抹茶フレーバーは、普段の催事でも作っておられるのですが、
柳桜園さんのお抹茶は「抹茶の濃さ」が風味といい色といい、全く違いました。

私、イタリアの友人へのお土産の一つにしたのです。
安全に作られているから賞味期限が短いのですが、7月中に会えた友人には渡せましたよ。
いわゆる逆輸入、ドルチェが海を渡るということで、ウエキさんもとても喜んで下さいました。
みんな、イタリア起源のアーモンドのお菓子と日本の抹茶のハーモニーに興味津々!
エスプレッソと楽しみました。
パッケージも、日本らしくて、とても気に入ってもらえました。


教室にも買って帰ったので、幸運にもこの日の後に開催のレッスンにあたった方とは、一緒に楽しめました

P1370793.jpg




P1370709.jpg


京都では、ここも昔から行きたい場所の一つだった清明神社
陰陽師 安倍清明をお祀りしている神社です。

赤メックからすぐでした。
嵐山の親友のおばあちゃんも、昔からお参りされています。


行きたかった場所に立て続けに行けた、特別な1日。
しかも、祇園祭の頃の京都にしては珍しく涼しい1日でお散歩にはぴったりでした!


関連記事
スポンサーサイト

 Kyoto e Nara 京都&奈良

0 Comments

Leave a comment