イタリア料理教室Gioia -ジョイア-

食べて元気 トスカーナ仕込みのイタリア家庭料理を日本の四季に沿ってご提案しています

Strozzapreti 手打ちパスタのストロッツアプレーティ

P1380566.jpg

この写真すごく好き!

今回訪れた、リミニの友人Alice(アリスと書いてイタリアではアリーチェ)のところで、Nonna(おばあちゃん)と。

手打ちパスタ作りは大人も子どももこういう表情になるよね!
何よりも、手作りの楽しさを味わえます。

P1380561.jpg

キッチンの片隅に、大理石のパスタ台があって。
しかも奥にかかっている麺棒の収納袋の、ぶどうの刺繍が素敵。


ノンナの生地をのばすスピードの速いこと速いこと!

P1380587.jpg

3人で作って、見てるまに山盛りのストロッツアプレーティ出来上がりました


P1380600.jpg

このパスタを、ノンナ手作りのトマトピューレで作るソースと。



アリーチェとは、実はイタリアでなく日本で出会ったのです。2010年に彼女の通訳をさせてもらって。
2011年に一度イタリアで会っているので5年ぶりの再会!
本当に、幸せです。
彼女の住むリミニを訪れたのは、実は今回が初めて。


何よりも感受性がとても豊かで、大好き。
「言葉」を越えて通じ合える人とは、通じ合える。

実は向こうで、彼女に会ってほっとしたのか、どうも軽い熱中症気味に思える日もあったし、
まさかのイタリアの夏の「寒さ」にも遭遇して体がびっくりし、
体調が悪すぎて、一日寝ていた日もあり・・・とてももったいなかったのですが。
ま、一日寝たら治りました。

おなかの底から笑って、未来の話を山盛りして帰ってきました。
もちろんいっぱい食べて(笑)


今回は、色々な場所で、縁の深い人と、心からの交流ができたと改めて思います。
帰ってきて友人にも話しましたが、イタリアに「行った」というよりは「帰った」という感じ。
やっと9月になって、涼しさも加わり、ほっとそういうことが感じられるようになりました。
8月は忙しすぎたし、じっくりと振り返る余裕もなく・・・異常に暑かったしね。
あまりの気候の違いとたくさんの出来事との遭遇、長距離の移動に、ついていくだけで精一杯でした。
体はついて行かせていたけれど、頭では、きちんと受け止めてゆっくりと振り返る必要がありました。


ノンナのお料理続きます!





関連記事
  • Tramonto
スポンサーサイト

 Rimini リミニ

0 Comments

Leave a comment